交通
 吉林交通

鉄道


   全省鉄道を長春中心として長大、長ハ、長図、長白主要幹線から四方へ輻射している。北は直接にハルビンへ、南は直接瀋陽、大連、北京へ、西は松原、白城へ、東は吉林、通化、図图們、琿春へ行くことができる。吉林省境内の鉄道は縦横に延伸している。合計鉄道幹支線28本があり、運営距離は3635キロである。百平方キロに鉄道1.87キロがある。琿春鉄道とロシア鉄道のレールが連結されている。

道路 


   吉林省境内に国道8本、省道16本、及び県級道路162本がある。道路総距離は5.03万キロメートルである。その内、等級道路は93.5%を占めている。全省高速道路総距離は542キロメートルである。吉林省道路は長春を中心として輻射状ネットワークになっている。省内外への通車距離は4.8万キロメートルである。その内、二級以上の道路は7425キロメートル達している。全省ではすでに村と村間では道路を貫通している。長春市は大連港より600キロメートル以上であり、営口港より400キロメートル以上に達している。長春から吉林、ハルビン、瀋陽、大連、北京等の大中城市までは皆高速道路と連結している。吉林、ハルビン、瀋陽は日帰り、大連、北京                                                                                一日到達できる。「十一五」企画期間中、吉林省は新増設の高速道路1500キロメートル、走行距離は2000キロメートルに達した。 二級以上道路は1.2万キロメートルである。すべての郷鎮と90%の行政村はアスファルト(セメント)路を貫通している。出海入関と省間の高速通路は基本的に建設完了した。長春は各市(州)までは基本に高速道理の連結が基本的実現した。

民航


   長春竜嘉国際空港を中心として、辐射周辺国家と地区へ輻射する航空ネットワークを形成している。長春竜嘉国際空港と延吉空港はボーイング757などの大型飛行機が上着陸できる。長春、延吉は国際航空港である。全省では現在国内外航空線約50本を開通している。その内、国際航空線はロシア、日本、韓国などのソウル、東京、名古屋、仙台、福岡、ウラジオストク、イルクーツク等都市及び香港を開通している。白山空港はすでに国内重要な観光旅行空港になっている。

河運


  全省の内河通航距離は1609キロメートルである。内河港は5港がある。年間設計貨物の運輸能力は180万トンである。大安港は国家一類内河の港であり、年間設計貨物の運輸能力は100万トンである。水陸を経て直接にロシア極東のい部分の港へ達し、日本海へも行くことが出来る。その外にまた扶余港、吉林港及び豊満港等の主要港がある。

長春鉄道
0431-86122222
長春凱旋路客運北駅
0431-86769900
黄河路エクスプレス配送処
0431-86799805
長春黄河路乗客運輸駅
0431-86769882
長春衛星路高速乗客運輸駅
0431-85300306
長春竜嘉国際空港
0431-88797111