吉林省政府と東方航空グループが活動座談会を開催
Date:2018/04/27 Author:李伟 Source:

             

  東北旧工業基地の振興を加速し、金融が東北実体経済へのサービスを推進し、東北金融の生態環境を最適化にすることを目的とし、国家発改委から推進の下、今年初め、金融機関40数社が共同で「東北振興金融協力体制」の創立を企画した。首鋼基金は副召集人企業と副事務総長部門とし、吉林省工業情報庁、省財政庁から支持の下、規模10億元の首鋼東北振興産業投資基金(吉林省)の設立を企画し、「基金+基地+産業」のモードを用いて、東北旧工業基地の振興にサービスすると決定した。 

  近日、東北振興金融協力体制を実行し、産業・金融を一体化にするプラットフォームを構築し、先進的な経験を導入することを目的とし、首鋼基金(首長国際)が長春で「東北振興並行発展」をテーマにする中国産業基金50人フォーラム(東北地域)及び首鋼基金7周年記念活動と首長国際業務巡回展を開催し、吉林省の新動力産業の育成を加速させると決定した。 

  璀璨産業園は中国科学院の「璀璨行動」が吉林省で実施する重点プロジェクトとし、長春新区が計画した重大な園区類のプロジェクト。実体化の運営会社が経営を担当とする。運営会社は首鋼基金創業公社、長春光機所、長春新区が共同で出資し創立し、創業公社が運営を主導する。園区は長春北湖技術開発区に立地し、省光電子産業インキュベーター、北湖レーザー科創センターが璀璨プロジェクトの開発・インキュベーターの機能を担当する。長春新区戦略新興産業園は産業化プロジェクトの運営機能を担当する。この産業園の計画面積はも38万平方メートル、現時点で第1期工事完成し、建築面積8万平方メートルであった。 

  中国科学院の「璀璨行動」プロジェクトが吉林省で建設することは、吉林省にとって極めて重大な意義がある。吉林省の技術革命に伴う半導体照明とパネル分野の先端な技術を確立することにメリットがある。更に、吉林省の光電産業の発展に新たなチャンスをもたらし、産業構造の調整中に新たな戦略的新興産業の形成にもつながる。 

  長春新区は中国科学院の「璀璨行動」計画が吉林省で建設する場所として、このプロジェクトを高く重視し、革新により発展を牽引し、「政府・生産部門・学校・科学研究機関」の協力プラットフォームを構築する。一方、長期的効果ある協力体制を確立し、サービスより発展を推進し、適切にサービス意識を高め、「給仕」の精神を持って企業に良いサービスを提供し、吉林省で「璀璨行動」プロジェクトの建設、経済の構造転換・グレードアップに強いサービスと保障を提供し、璀璨の光より吉林省と新区を明るくする方針を固めた。