吉林省・上海市知名企業家座談会が開催
Date:2018/04/26 Author:李伟 Source:

         

      吉林省党・政府代表団は425日、中国共産党一大会議の所在番地の記念館へ、中国共産党一大会議の旧跡を仰ぎ見て、『偉大なスタート―中国共産党創建歴史陳列』を見学した。(撮影:宋鍇) 

  425日、吉林省党・政府代表団は上海へ研修・考察を行った。 

  当日午前、中国共産党中央政治局委員、上海市委員会書記の李強氏から案内の下、吉林省党委員会書記の巴音朝魯氏、吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏一行は上海市興業路76番へ中国共産党一大会議所在番地を仰ぎ見た。近代化の都市の中、この世の変転を経験した石倉庫門建築が厳粛だった。代表団一行は相次ぐ中国共産党一大代表群の浮き彫りを仰ぎ見て、『偉大なスタート―中国共産党創建歴史陳列』を見学し、党の奮闘歴程を濃縮した『夢追い』というビデオを見た。現場にて、習近平総書記が中国共産党一大会議の所在番地を仰ぎ見た時に発表した重要演説の精神を悟って、党の輝かしい過程を銘記し、理想と信仰の力を感じ、勇気を持って前進する動力を汲み取った。 

  午後、上海市委員会副書記・市長の応勇から案内の下、代表団一行は相次ぐ中国(上海)自由貿易試験区行政サービスセンター、GE中国科学技術園、上海光源へ、政府のサービス革新の手段、政務公開の深化、外資導入、技術プロジェクトの開発、第3世代の高性能輻射の光源プロジェクトの建設などを考察した。 

  考察期間に、吉林省代表団は吉林省-上海市知名企業家座談会にも開催した。 

  巴音朝魯氏は吉林省党委員会と省政府を代表し、上海企業家から吉林省の振興・発展へ多大なる関心・支持に謝意を表わしたとともに、「長江デルタ地域は中国における経済が最も活発的な地域の1つである。上海企業家が国家と並行に進歩し、上海と並行に発展し、光り輝いた業績を得得られた同時、上海ひいては国家の改革と発展のため積極的貢献をした。長年以来、上海企業家は積極的に旧工業基地の振興・発展に参画し、良い成績を得られた。当面、構造転換・グレードアップの肝心な時期に入った吉林省では、上海との協力関係を更に深め、優位を補完し、上海の革新成果と吉林省の革新の見込み、上海の実力と吉林省の潜在力、上海の活力と吉林省の魅力を結び付き、ウインウイン関係を構築することは大切だ。発展の動向を見極め、着実に計画通りに推進する。デジタル吉林省の建設によるもたらした発展の将来性を生かし、共同で情報化・ビッグデータの応用、スマート製造、デジタル政務、スマート都市、スマート農業、スマート文化・観光など方面での協力を強化する。在来産業を改造・向上し、高品質の発展の道を踏み出す。マッチング関係を強化し、攻める方向を明確にし、優秀な人材を導入し、協力のプラットフォームを構築し、協力の大成果を求める。市場の育成・環境の構築に努め、人材を導入し、企業にサービスを提供し、確実に市場意識、法治意識、サービス意識を増強する。民間経済の発展を促進できる環境を構築し、投資家を誘致することは必要だ。上海の企業家は東北地域の再振興との歴史のチャンスを捉え、吉林省と各分野での協力を強化し、高品質の発展を推進しながらハイレベルのウインウイン関係を構築することを期待する」と述べた。 

  景俊海氏は、「当面の吉林省では改革・開放の深化に取り組み、発展・振興の新道を模索しており、将来性ある土地として、発展のチャンスが益々多く、発展の環境が益々最適化、発展の見込みが益々広いだとみられる。上海企業はこの歴史のチャンスを捉え、吉林省と上海市と締結した協力の枠組み協定の内容を実行し、吉林省への視察・投資・起業・建設を加速する一方、新時代に吉林省の発展・振興を深く参画し、新時代に新吉林省の新吉林企業となり、吉林省の発展・振興のため重要な貢献をする。吉林省は実態に応じて最大な誠意を持って協力を展開し、政策の保障を強化する。最大な決心を持って企業の経営環境を最適化にし、最大な努力で協力のプラットフォームを構築することにより、吉林省を企業家の事業発展の舞台、起業者の夢叶いの場所、投資家の財産創造のホット場所になることに努める」と指摘した。 

  座談会において、上海緑地グループ、複星国際、東方航空など会社の企業家10人は相次ぐ発言し、吉林省党委員会と省政府が上海企業家への関心・支持に感謝したとともに、積極的に吉林省の再振興を参画し、更なる投資を拡大し協力を深め、ウインウイン関係を構築すると表明した。