高品質発展により吉林省の全面的振興を支えと景俊海氏が通化で春季プロジェクト「三加速」行動参加時に強調
Date:2018/05/04 Author:李伟 Source:

     

  5月2日~3日、吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏は通化市へ重点プロジェクトの「一日も 早く契約締結・着工・利益達成」など建設状況を調査した。(撮影:鄒乃碩) 

  吉林省2018年春季プロジェクト「一日も早く契約締結・着工・利益達成」の行動計画に従い、5月2日~3日、吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏は通化市へプロジェクトの着工・建設状況を確認し、年間プロジェクトの建設計画を確認したとともに、「習近平氏の新時代に中国の特色ある社会主義の思想に従い、吉林省党委員会の指示と巴音朝魯書記の要求に基づき、指導者・幹部の能力を発揮し、企業誘致など重要行動を展開する。更に、重要なプロジェクトを実施し、高品質の発展を推進し、東部のグリーン・構造転換の発展区を建設し、吉林省の全面的に振興を支えることは不可欠だ」と強調した。 

  景俊海氏は通化紫鑫薬業の新設プロジェクト、万達広場総合体プロジェクト、修正科学技術産業園プロジェクトなど建設現場へ、雨にも関わらず工事進捗を確認した同時、「当面、プロジェクト建設の黄金期に入ったため、綿密な建設計画を策定し、工事進捗を加速し、工事の品質を保証し、一日も早く生産開始できるよう努力すべきだ」と指摘した。 

  続いて、景俊海氏は通化東宝集団、天実製薬会社、通天ワイン会社、通化化工会社など企業へ会社の経営状況を確認したとともに、「技術のイノベーションを拡大し、産業チェーンを構築し利益を実現し、新たな成長点を育成する」と指摘した。その後、通化国際内陸港務区へ、「内陸港の機能を完備し、一連の施設を建設し、物流と産業を結び付き、南向けの開放窓口としての役割を果たすべきだ」と指摘した。 

  実態調査の間に、景俊海氏は通化市からの活動報告を聴取した以外、「企業誘致、プロジェクト建設は経済成長の安定化を図るポイントであるため、たゆまずに継続推進することは欠かせない。具体的施策として、1、一層に責任感と緊迫感を強めること。革新型、ハイレベルのプロジェクトを実施し、モデルとしての効果を強化し、産業集積の形成に注力する。2、プロジェクト建設のブームを引き起こすこと。先頭指揮し訪問サービスを展開し、企業の需要に応じて並行承認、交差作業など手段を用いて、一日も早くプロジェクトを生産開始させる。3、プロジェクトの備蓄計画を強化すること。政策の動向を見極め、優位性と特色を生かし、企業誘致を拡大し、潜在力を引き出して利益を高め、積極的にワイン、朝鮮人参、カエルなど産業を育成する。4、プロジェクトへのサービスを強化すること。組織の指導をを強化し、資金の保障を拡大し、土地の供給を完備する。全力で経済の安定的成長に取り組み、「三大攻略戦」に努め、春の耕作・生産を推進し、生産の安全化を図り、確実に民生を保障・改善することは不可欠だ」と要求した。