大学入試の平安性・秩序性・公平性・公正性確保へ景俊海が長春で大学入試準備の実態調査時に強調
Date:2018/06/11 Author:李路 Source:

          

  2018年の大学入試は間もなく到来の際、吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏は6月5日、長春市へ試験場所を確認し、大学入試の準備作業を検査した。景俊海氏は、「習近平総書記から大学入試の安全性・安定性に対する重要な指示に従い、吉林省党委員会と巴音朝魯書記の要求に基づき、万全な準備を行い、重点を捉えて手順を最適化にし、大学入試の準備作業を確実に進め、大学入試の平安性・秩序性・公平性・公正性を確保する」と要求した。 

  景俊海氏はまず長春第六中学の試験場所へ、受験生入場時の安全検査の手順を確認し、監視カメラの機能を把握し、試験地点の秘密保持対策を検査した。省教育考試院にて、景俊海氏は各部屋に入り、答案用紙の貯蔵、移動、採点、採用など準備状況を確認し、試験場の安全措置を尋ねた以外、「秘密保持の要求を実行し、技術のサポートを拡大し、試験場の安全を強化し、確実に試験の保障条件を完備する」と指摘した。 

  景俊海氏は座談会を開催し、関連報告を聴取したとともに、「社会から大学入試への注目は高く、大勢の家庭に関わるため、大学入試の安全・安定の維持は極めて重要だ。具体的要求は下記の通り。1、政治の立場に立って、責任感と使命感を強めること。綿密な計画を策定し、確実に活動を展開し、試験の秩序性、採用の公平性・公正性、世論の調和性と安定性を保証する。2、肝心な工程を捉え、操作の流れを基準化にし、大学入試の平安化を実現する。秘密保持の場所、答案用紙の移動に対して全行程の監視を行い、厳格に秘密関与の人員を審査・教育・考課し、試験問題・答案用紙の安全性を確保する。試験監督を強化し、全面的検査を行い、カンニングなど違法犯罪行為を取り締まり、良好な試験環境を確保する。タイムリーに権威ある情報を発表し、正しい世論を誘導する。応急処置を完備し、発生の恐れある自然災害に対して対応策を講じ、事前に練習し応急処置の能力を高める。試験監督・採点・採用を厳しく実施し、公平性と公正性を確保する。3、各級の責任を明確にし、大学入試の安全対策を実行する。各関連部門は職能を発揮し、分担して連携を強化し、総力を挙げて対応する。各級検査を強化し、問責・責任追究制度を運用し、大学入試の良好な秩序を守る」と要求した。