吉林省政府と国家関連部委が会談
Date:2018/06/25 Author:李路 Source:

            

  6月15日、吉林省政府と北京で科学技術省、工業情報部、財政部、国家統計局、国家タバコ専売局と事務会談を行った。吉林省党委員会副書記・省長の景俊海は出席し、吉林省党委員会と省政府を代表し、国家関連部・委員会から長年に亘って吉林省の発展・振興に多大な注目と支持に謝意を表わした。国家関連部委は次から次へと吉林省との協力を強化し、吉林省旧工業基地の全面的振興を後押しする積極的願望を示した。 

  科学技術省と会談した際、景俊海氏は、「ここ数年、科学技術省からの支持の下、吉林省はイノベーション発展戦略に取り組み、革新強省の建設に努め、一連の新成績を挙げられた。今後、科学技術省は引き続き吉林省を関心・協力し、技術イノベーションを推進し、国家重点実験室の建設を支持する以外、吉林省と人材育成、プロジェクトの建設、プラットフォームの開発など面での協力にも強化することを期待する。吉林省は革新・発展に取り組み、追い越しを強化し、技術の優位を確立し、技術成果の転化を加速し、核心の競争力を高めることに努めする」と述べた。 

  科学技術省の王志剛部長は、「吉林省の自主革新モデル区の建設、技術革新の環境構築を支持し、技術革新を中心とする経済発展体系を確立し、技術の産業価値を実現する」と表明した。 

  工業情報化部と会談した際、景俊海氏は、「当面の吉林省では、制造業の優位を生かしながら、「インターネット+」など新技術、新業態の形成、産業チェーンの延長、産業規模の拡大、産業の集積化、新旧動力の転換加速、高品質の発展、旧工業基地の振興に取り組んでいる。工業情報化部は今後、長春が「中国製造2025」国家級モデル区の建設を支持し、吉林省制造業の革新センターを構築し、新エネルギー自動車とスマートネット自動車を発展させ、新たな成長点を育成することを望む」と明言した。 

  工業情報化部の苗圩部長は、全力で吉林省の在来産業の改造を支持し、戦略的新興産業を育成し、新エネルギー自動車の産業を発展させ、経済のモデルチェンジ・グレードアップを促進する」と表明した。 

  国家タバコ専売局と会談した際、景俊海氏は「長年以来、国家タバコ専売局は吉林省の発展・振興に多大なる支持と関心を頂き、吉林省の経済社会の発展に重要な貢献をした。国家タバコ専売局は吉林省のタバコ企業の発展を支持し、吉林省のタバコブランドを育成し、企業の提携生産を進める同時、企業の生産・経営の方式を革新し、タバコ工業の良好な発展の勢いを維持することを望む」と語った。 

  国家タバコ専売局の凌成興局長は、「吉林省のタバコ工業の発展を後押し、吉林省の脱貧困という難題の解決への協力を拡大し、吉林省の全面的再振興を促進する」と言明した。 

  財政部部の劉昆部長と国家統計局の寧吉喆局長とそれぞれ会談した際、「社会保障、近代的農業の建設、東遼河汚染の改善、マクロ経済に対する指導、統計制度の改革など方面で吉林省への支持を拡大する」と表明した。