氷雪観光ブランドランキング(トップ30)発表 吉林省第9位
Date:2018/01/18 Author:王奕欢 Source:

  全面的に中国国内の氷雪観光目的地・ブランドの影響力を評価することを目的にし、人民ネット世論測定室観光ビッグデータセンターは先日、『2017年度氷雪観光目的地・ブランド影響力のランキング(トップ30)』を発表された。トップ30のリストによると、吉林省の氷雪観光は第9位を占め、圧倒的な優位性で上位に入った。 

  その内、万達長白山国際リゾート地、長春浄月潭国家森林リゾート地、吉林万科松花湖リゾート地、吉林北大壺スキー場、吉林査乾湖、長白山露水河長白山狩猟場、長春蓮花山リゾート地、長春廟香山リゾート地、長白山天池雪野雪公園はランクインしたことが分かった。 

  今回のランキングは、氷雪観光目的地の公式ウェイチャット、ツイッター、メディア報道、観光客の期待度、観光目的地の好評度を評価対象にし、メディアの影響力(活発度、伝達力、対話力)、メディアの誘導力、観光客の期待指数、ブランドの名誉度を総合的に評価した。更に、巨大のデータ分析と数学・物理学の模型計算を通じて、全面的に氷雪観光目的地のブランドの影響力や発展現状を示した。