吉林省が更に4村、「全国生態文化村」に命名
Date:2018/01/29 Author:王奕欢 Source:

  近日、「第9回中国生態文化トップフォーラム」において、中国生態文化協会は2017年に選ばれた「全国生態文化村」の除幕式を行われた。吉林省の通化県の快大茂鎮繁榮村、安図県の石門鎮茶条村、敦化市の雁鳴湖鎮小山村、敦化市の官地鎮江南村は「全国生態文化村」と命名された。 

  2009年から、中国生態文化協会は「生態文化の発揚、グリーン生活の提唱、共同で生態文明の建設」を目的にし、「全国生態文化村」選出・命名活動を展開された。「全国生態文化村」の選出について、生態文化の繁栄、生態環境の良好、生態産業の振興、人と自然の調和、モデル役割の発揮などを評価基準にした。現在、中国生態文化協会は命名された「全国生態文化村」は累計678村、吉林省の13行政村が「全国生態文化村」に選ばれた。