吉林省初の「行政審査インテリジェント化業務システム」運用開始
Date:2018/01/31 Author:王奕欢 Source:

  近日、臨江市行政審査局は除幕式を行われた一方、吉林省初の「行政審査インテリジェント化業務システム」が同市で運用し始めた。 

  一層に審査・許可の効率と品質を高め、利便性を図ることを目的とし、臨江市は率先に「行政審査インテリジェント化業務システム」を開発した。行政事項とサービスをネット一本化にした「インターネット+政務サービス」システムを構築し、高効率且つローコストの「ネット政府」を形成した。現在、行政事項の審査に関して、行政審査専用印を統一し捺印すれば完了だ。これにより、審査期間が長い、捺印と書類が多い、費用が高いなど問題を解決されるだけでなく、大幅に行政審査業務の時間を圧縮され、行政審査の手順を簡略化し、一括で全ての事項を審査でき、サービスの「ラストワンマイル」を開通した。 

  ここ数年、臨江市は行政審査に対する改革を加速し、積極的に行政審査管理体制・仕組みを革新し、「一つの窓口で受理・合併審査・並行に許可・一括で完了」という政務サービスプラットフォームを構築した。更に、「印章1枚で審査・許可」という行政審査新方式にも確立し、ゼロ距離のサービス、バリアフリー発展の政務サービス環境にも構築され、行政許可権の改革ために臨江が見本として確立された。