吉林省がイノベーション発展戦略実施へ
Date:2018/04/11 Author:李伟 Source:

  3月30日に開かれた吉林省科学技術活動会議によると、吉林省はイノベーション発展戦略を実施し、技術による供給側の構造改革及び産業構造の転換をけん引させ、技術革新強省の建設を加速する。2022年まで科学技術の進歩貢献率は現在の55.5%から61%まで向上する方針を発表された。 

  第18回党大会が開催してから、吉林省の科学技術部署は力を合わせて、手を携えて取り組んだ結果、技術事業はを日進月歩の発展を遂げられ、技術による経済社会発展の促進指数は全国第17位、総合の技術イノベーションレベル指数は第19位、ハイテク産業の付加価値が工業付加価値に占める比率は第12位、科学技術活動の利益ランクは第14位に上がった。科学研究成果3500項目余りを取得した。国家自然科学賞、国家技術発明賞、国家科学技術進歩賞15項を獲得し、合計1433項の賞を授与された。ハイテク企業の数量は倍増で524社となった。技術契約取引額は累計400億元に達した。科学技術進歩の貢献率は55.5%に上がった。 

  今後5年、吉林省の科学技術活動は経済社会発展の需要に応じ、主要な矛盾の解決を出発点にし、地域の技術イノベーション能力の向上、構造転換、振興を主方向にする方針を掲げた。具体的に、トップ設計の強化を通じて、大幅に地域のイノベーション能力を高め、絶え間なく技術イノベーションの環境を最適化する。政府機能が開発管理から革新・サービスへの転換を加速し、新発展の理念を確立し、発展の方針を明確にし、「123N+」という発展戦略を発足する。2022年まで局部地域のイノベーション生態体系が基本的に構築され、適応政策体制を確立し、自主革新能力が大幅に向上する。イノベーションの主体には活力あふれ、革新チェーンを構築し、革新・管理の科学化を図る。革新の効率を大幅に高まり、科学技術の総合的実力の向上を目指す。 

  今年、吉林省は区域の健全的発展を推進し、国家戦略と地方の特色を生かし、発展の需要と戦略の牽引に応じて技術活動の方針を強化する。第3回省部会談をスタートさせ、「長春国家自主イノベーションモデル区」の建設論証を加速し、「吉林省長吉図国家科学技術成果転化モデル区」の承認を推進する。市場向けの新型開発機関を発展させ、運行方式とモードを革新する。科学研究部門のリーダーにより大きな科学研究成果の収益権と決定権を付与する。『東北科学技術成果転化特別行動実施計画』など政策を実行させ、できるだけ早く『吉林省科学技術成果促進転化条例』に関する人民代表大会での立法手続をスタートし、競争の新優位を確立する。「長白山湿地生態国家重点実験室」を建設し、省重点実験室8ヵ所を新設する。国家の2030重点プロジェクトを生かし、支柱産業と戦略的新興産業の発展を目指し、重大な技術課題を解決する。重大な技術と装備について、生産部門・学校・科学研究機関と連携し課題に取り組み、発展に戦略的意義ある重大なプロジェクトを計画する。世界レベルの科学者、技術先導者、ハイレベルのイノベーションチームを導入し、技術人材の「雨林計画」をキックオフし、現地の革新人材への発見、育成を重視する方針を示した。