吉林省、出入国証明書申請施策4項目を制定
Date:2018/05/08 Author:李伟 Source:

  窓口のサービス・誘導を強化し、訪問サーピスを展開し、ビックデーターによる証明書申請窓口を推薦し、「一回で手続き済む」を実現することを目的にし、吉林省出入国管理部門は国家移民管理局が制定した「一回で手続き済む」制度を踏まえ、新たに施策4項を講じ、大衆の獲得感と幸福感の増強に努めている。施策4項目の内容は以下の通り。 

  1、警務公開の内容の規範化を図り、出入国証明書の受理手続きを統一化し、権限を吉林省の出入国窓口に委譲し、『1回の告知書』内容を分類・細分化し、申請前にリアルタイム且つ正確に必要な書類を把握できることが目的とする。2、窓口によるサービス・誘導を強化し、「一回で手続き済む」の改革を契機にし、並行に証明書の手続きを規範化にし、『吉林省出入国窓口サービス案内標準』を制定した。出入国窓口の機能区域の設置、各種標識看板の置き方、人工案内の方式、受理サービスのモードなど作業を更なる最適化した。機能区域、情報事項、手続き、サービス・案内など内容を明確にした。3、訪問サービス活動を展開開始した。5月2日から、出入国管理部門は正式に半年の「万人訪問サービスによる証明書申請活動」をスタートした。主に60歳以上の老人、行動不便な身体障害者、重病、海外へ医療必要な患者、20人以上の団体出国の企業・国家機関を対象にし、訪問サービスを展開する。従来の窓口受理から訪問受理に変わった。4、「ビックデーター」により証明書受理の場所をスマート的推薦する。長春、吉林など出入国証明書の申請対象が多いなど実態に応じて、入国管理局はネット予約と申請窓口の番号呼び機のデータ分析により、「吉林省出入国」の公式サービス番号を通じて申請者に「一番近くかつ迅速に対応できる」証明書受理の場所を推薦し、移動のコストダウン及び現場の待ち時間の低減を図るなど施策を策定した。