景俊海氏は広州にて広東省有名企業家座談会を主宰・招集
Date:2018/06/01 Author:李路 Source:

  5月30日、吉林省経済貿易交流代表団は継続に広東で考察・研修を行った。吉林省党委員会副書記・省長の景俊海氏は広州にて広東省有名な企業家座談会を主宰・招集し、各分野からの企業家50名余りとプロジェクトの建設、発展促進などを商談した。 

  座談会の現場には雰囲気が盛り上がった。在広東省の吉林省商会の張文田会長、広州医薬グループの程寧副社長、立白グループの陳凱旋董事長、広東省商業連合会の郭玉琨執行会長など企業家12名は相次ぐ発言を行った。景俊海氏は出席者と面対面に交流し、企業の需要を尋ね、共同で協力の大計を検討した。景俊海氏は、「広東は改革・開放の最前線として、強い実力、先進な技術を持つ科学的管理を行う有名な企業は誕生された。広東の企業家は知恵と努力により起業の夢を叶い、巨大な財産を生み出し、全国各地の創業者にとってモデルとしての役割を果たされ、起業・興業の風潮にも牽引された。新時代には協力の時代と言われ、協力こそ発展、ウインウインを実現できる。当面の吉林省は新たな開放の姿勢を持って、各企業からの投資・興業、吉林省の全面的振興の参画を歓迎し、協力・発展の道を広げることを期待する。国家東北振興戦略の実施及び吉林省・広東両省の協力深化に伴い、広東企業と吉林省の全面的協力のため新たなチャンスをもたらした。広東の企業家は歴史的チャンスを捉え、商会・協会の役割を発揮し、より多くの企業が吉林省に進出し、吉林省へ投資し、吉林省で起業し、吉林省を建設し、新時代に新吉林省の新吉商になることを望む。当省は「権限委譲・管理強化・サービスの最適化」の改革と「一回で手続き済む」の改革を深化し、誠意を持って高効率のサービスを徹底的実施し、良好な企業経営環境を構築し、企業の発展に保証を提供するた」と表明した。会議において、広東の企業と吉林省は文化旅行、医薬健康、農産物の加工、近代的サービス業など分野に亘って、提携プロジェクト10件の契約を締結した。 

  座談会の直前に、景俊海氏と広東益建グループ、中民香山文化投資会社と座談会を行い、共同で提携プロジェクトを進めた。