世界初専門夜光遠隔探査衛星「珞珈1号」が成功に打ち上げ
Date:2018/06/04 Author:李路 Source:

  6月2日12時13分、長光衛星技術有限会社が開発した「珞珈1号」試験衛星は、中国酒泉衛星発射センターで長征二号キャリア・ロケットを利用し成功に打ち上げた。 

  「珞珈1号」衛星は長光衛星技術有限会社が初めて商業化の注文により、武漢大学に開発した衛星であり、世界初の専門夜光遠隔探査衛星である。主に夜光リモート・センシングとナビゲート技術の検証に応用される。この衛星は「吉林1号」衛星の技術基礎を踏まえ、一体化の構造を採用し、多機能を搭載した。大量に高動態の画像技術、大量級の衝撃隔離、ウィンド・サーフィンの自主ロックなど革新的技術を用いた。更に、衛星は高精度双星の聯合姿勢固定など主流遠隔探査衛星の配置を採用し、高品質のリモート・センシングデータを獲得できる。 

  「珞珈1号」衛星の重量は20㎏だけで、搭載された大画像の高敏感度の夜光リモート・センシングカメラには、130mの解像度、260km幅の夜光画像能力を備え、夜光リモート・センシングのマクロ経済分析など研究にデータを提供する。同時に、衛星にはナビゲート増強科学試験負荷を搭載され、北斗星ナビゲートシステムの精度向上など試験にも実施できる。 

  今後、長光衛星技術有限会社は武漢大学に協力し、衛星レールテストを実施し、全国夜光リモート・センシング「図名1枚」の製作と北斗星ナビゲート増強試験を展開し、成熟した衛星開発技術と大学学科の優位を結び付き、協同でテーマ解決と技術イノベーションを実施する方針を固めた。