氷上シルクロードシンポジウムは長春にて開催
Date:2018/06/07 Author:李路 Source:

  6月5日、中国海洋学会北方海専門委員会の設立及び氷上シルクロードシンポジウムは長春にて開催された。中国海洋学会が主催し、中国図們江地域開発プロジェクト調整チーム・専門家チームが指導し、吉林省新聞出版広電局、省政府図們江地域協力開発干部チーム弁公室が支持し、中国海洋学会北方海専門委員会、『北東アジア経済研究』雑誌社が併催する今回のシンポジウムには、全国からの大学20ヵ所余り、関連科学研究機関、新聞・雑誌社の責任者など参加した。 

  シンポジウムにおいて、専門家・学者は共同で氷上シルクロードを検討し、『北東アジア経済研究』を土台にして氷上シルクロードの研究成果を発表した。 

  氷上シルクロードは北極圏を通り抜け、北米、東アジアと西欧三大経済中心を繋ぐ海運航路である。専門家らは、「氷上シルクロードの開通、北極の青色経済通路の共同建設は、北東アジア地域と氷上シルクロードの沿線国家が共同で人類運命共同体の建設を後押しすることになる。中国・ロシアを含む海洋沿線国家の共同建設・共有化を通じ、共同で北東アジア地域における経済の繁栄・発展の道を開拓し、積極的に「一帯一路」の提唱の下で世界経済の共有を進め、沿線国家と地域の経済発展を牽引させ、人民に恩恵を与えて獲得感を高められる。同時、氷上シルクロードと海上シルクロードの戦略連動により、沿線の国家と地域及び線上の都市の経済発展に千載一遇の歴史チャンスと巨大な潜在力をもたらし、東北経済の振興、長吉図沿線都市の経済発展のけん引に貢献できる」と見方を示した。