吉林省、ハイエンド人材導入交流大会を開催
Date:2018/07/02 Author:李伟 Source:

  人材を導入し、吉林省の再発展・再振興を後押しすることを目的とし、「2018年度吉林省帰国人材とハイエンド人材導入・革新起業交流大会」は6月27日午前、吉林省人材マーケットで開催された。企業136社は高級人材1236名を募集し、現場にて216名の採用を確定した。 

  「私達企業はハイエンド人材需要量に対しやはり比較的に大きい。 

  省亜東国有資本有限会社のマンパワーの梁偉主責任者は、「当社は高級人材への需要が大きい。今回は6職場の10人を募集する予定。国有企業とし、今年に給料体制、功績考課など方面で調整し、激励体制の運用を開始した。人材募集と導入仕組みの面で、省内と国家の新政策に基づいて調整を行った。より多いのハイエンド人材の導入を目的とする。吉林金賽薬業は業界内の先導企業とし、開発、技術類のハイエンド人材が至急必要だ。技術類の人材年俸は60~80万元に設定した。会社のマンパワー部の劉長卓部長は、「事業の拡大に伴い、国際化、専門化のハイエンド且つ若い人材が必要だ」と紹介した。 

  吉林大学の地球探査・情報技術の大学院生卒業の孫宇氏は、ハイエンド人材募集会に参加するために万全な準備をした。大学の専攻と一致する仕事をしたい彼は、企業の発展見込みと企業が個人の将来に対する育成を重視し、「本日の人材募集会にて、多数企業の募集職場は私の専攻と関係あり、給料待遇にも魅力があり、私の予想以上になっている。私は吉林省で就職し、根を下ろすことを決定した」と述べた。 

  今回の人材交流会には吉林省で就業したい人々に良い土台を提供したのみならず、起業したい人々にとって良い契機でもある。交流会の現場には厳選した高付加価値あるプロジェクト30件を展示した。