景俊海氏は吉林省政府常務会議を主宰・招集 企業給与支払方法など検討
Date:2018/12/11 Author:李路 Source:

  12月7日、吉林省委員会副書記・省長景俊海氏は省政府2018年第26回常務会議を主宰・招集し、企業給与支払方法などを検討した。 

  会議において、『吉林省企業給与支払方法』『消費体制完備・住民消費潜在力激発実施計画』『吉林省県域革新発展加速に関する実施計画』『<国務院全面基礎科学研究強化若干意見>実施計画』などを審議し可決し、手順に基づいて報告或いは配布すると決定した。会議にて、医療保障基金詐欺取締特別行動を報告した。 

  会議にて、下記のことを指摘した。企業給与支払方法を制定することは、労働者の切実な利益に関わる。企業給与支払い行為を規範化にし、農村臨時就労者の給与保証金制度、企業給与支払信用管理制度などを完備し、法治化、規範化、常態化の制度保障体制を形成する。企業給与支払に対する管理を強化し、懲戒体制を明確にし、悪意の給与未払い行為を取締り、農村臨時就労者など重点群体への給与支払いを保障し、汗流しの後に涙流しを防止する。 

  消費体制を完備することは、住民の消費潜在力の刺激、消費の新成長点の拡大にとってメリットがある。消費の構造転換の傾向に適応し、各イベントや商業総合体の消費促進活動を開催し、文化、旅行、健康、養老、体育など分野での消費アップ、品質向上、容量拡大を促進する。市場に対する管理を強化し、消費者の合法的権益を守ることは重要だ。 

  更に、県域の革新的発展を加速することは、県域経済の発展品質と利益向上を加速する有効なルートである。イノベーションと人材導入を推進し、需要と実態に応じて特色ある優位性ある産業と技術資源を生かし、革新型の特色ある小鎮を構築し、県域産業の構造転換を促進する。 

  基礎的科学研究を強化することは、発展戦略の動力源である。科学的発展規律に則って、革新できる人材を育成し、研究のレベルを高める。吉林省の発展需要に応じ、優位性ある特色ある学科への支持を拡大し、革新的発展の基礎を固める。 

  医療保障基金詐欺行為を取り締まることは、医療保険基金の安全化の維持、民生・福祉の保障に関わる。よって、「振り返り」特別行動を展開し、管理を強化し弱みを補填し、ミスを防いて長期的効果ある仕組みを構築し、利益のチェーンを遮断し、裏調査を実施し、詐欺行為を厳しく取締り、威力を強化する。医療保険の支払いに対する管理を強化し、支払い検査、詐欺行為の取締りを実施し、医療機関の信用ランク体系を模索し、法律厳守且つ信用ある経営を呼び掛けることを強調した。