産業情況


産業情況

 

自動車産業


 自動車産業は吉林省第一大の中堅産業である。一汽集団完成車生産を主体として完成車製造、部品供給、専用車生産を一体とする整備した自動車産業体系を形成した。世界級の自動車産業基地を創り上げた。市場需要をガイドとして一汽を核心として車両研究開発製造、部品供給及び現代自動車サービス体系を構築する。全面的に研究開発、製造及びサービスレベルを向上し、完成車製造能力を向上する。長春、吉林自動車産業園区の建設を加速し、解放、紅旗、奔騰及び佳宝シリーズ自主ブランドと省エネ型小さい排気量自動車を重点として、さらに自主ブランド製品シリーズを整備し、市場競争力を向上する。2015年まで、全省の省属自動車販売量は260万台に達した。自動車産業増加値は1700億元に達する。大力に新エネルギー自動車を発展する。重点的にプラグイン式ハイブリッド自主ブランド自動車産業化を支持し、純電気自動車の研究開発と製造を加速し、バッテリー、モーター、電気制御生産技術を突破し、関連部品供給施設を建設する。新エネルギー自動車生産量は5万台に達する。積極的に先端特殊専用車を発展する。「専、精、特、新」を突出する。専用車企業を支持し、重点的に道路整備、工事作業、高圧輸送、保温冷蔵及び消防安全等の先進専用車の研究開発及び生産を実施する。長春、四平専用車基地の建設を加速する。専用車生産能力は10万台に達する。力を入れて自動車部品を発展する。積極的に大型部品企業集団を造り上げる。高いスタートポイントで百強部品企業を育成し、自動車部品の同期発展と供給能力を向上する。ボディ、ドライブシャフト、サスペーション、ステアリング、ブレーキ、環境、エンジン付属部品及び電子電気などのシステムモジュール供給システム形成を加速して、長春自動車部品輸出基地を造り上げある。省内部品供給率は50%以上に達するよう努力する。自動車物流、金融、アフタサービス及び中古車取引などの自動車サービス体系建設を加速する。

石油化工産業


  石化産業は吉林省中堅産業の一つである。すでに石油、天然ガス、基本有機化工原料、合成樹脂、合成ゴム等多種類の整備した生産体系を形成し、ABS、アクリロニトリル、ポリエチレン、メタクリル酸メチル、SBR、エチルベンゼンゴム、塩酸アルカリ26種類製品は国内で一定優勢がある。アクリロニトリル、オキソアルコール、エーテル、高密度ポリエチレン及びABSなどの25セット装置の生産能力は国内で第三位を占め、その内、リジン、アクリロニトリル、メタクリル酸メチル及び燃料エタノールは国内第一位であり、EPRは国内主要メーカーである。
  力を尽くして吉林省国内重要な大型石化産業基地を造り上げる。わが省の東北アジア向けの区位優勢を発揮する。境内外の石油ガス資源を利用して、吉化、吉林油田等の大手企業を依頼して、更に石油ガス、石油精錬及びエチレンの生産能力を向上する。錬化一体化推進を加速し、産業チェーンを延長し、応用分野を拡大する。2015年になると、全省石化工業増加値は900億元に達する。石油精錬能力と油品品質を向上する。積極的に中石油、中石化等の中央企業による支持していただく。吉化1500万トン石油精錬システム能増改造を実施し、全省500-1000万トン石油精錬能力を確保するよう努力する。樺甸、梅河口、汪清及び松遼盆地等の油頁岩資源優勢を依頼して先進的ま精錬技術と設備を導入して大力に頁岩油を発展して、100万トン以上の生産能力を形成する。積極的にロシアとの石油ガスの合作を推進し、琿春500万トン級石油戦略貯蔵基地と千万トン級国際石油精錬基地を構築する。深くエチレン及び下流製品を開発する。積極的に吉化公司小エチレン能増改造を推進し、触媒熱分解技術を応用し、エチレン原料多元化を実現する。エチレン生産能力は140万トンに達成し、プロピレン生産能力は110万トンに達する。炭素4、炭素5資源を集中し、イソプレンゴム、石油樹脂等製品を発展する。ポリエチレン、ABS樹脂、アクリロニトリル等の優勢製品を強くし、特殊炭繊維、高活性ポリイソブチレン及びゴム専用材などの特色製品をよくし、全国合成樹脂、合成ゴム、合成繊維及び有機化工原料の生産基地を建設する。突出に精細化工を発展する。吉林化工循環経済モデル園区をキャリアとして投資者誘致資金導入に力を入れて企業集約化を発展し、産業チェーンを延伸する。製品のレベルアップモデルチェーンジを推進する。積極的に先端製品を発展する。高生産性、低毒性、低残留の環境保護生態農薬発展を励まして高生産性品種の比例を向上する。積極的に触媒、添加剤及び助剤を発展する。規模を拡大し、品種を増加する。製品の付加価値をを向上する。全面的に染料、塗料、顔料の品質を向上し、ブランドを育成する。日常用化学製品レベルを向上する。積極的に市場を開拓する。機能高分子材料等の先端製品発展に力を入れる。大きく生物化工を発展する。十分にわが省の生物質資源優勢を発揮する。生物技術開発と産業化を加速する。戦略的な新興産業発展高地を形成する。適切に新型石炭化工を発展する。区域外石炭資源利用を掘り出し、ディーゼル、ガソリン、航空重油、エチレン原料、代替燃料(メタノール、ジメチルエテール)等の生産技術を開発する。クリーンエネルギーと替代できる石化製品を生産し、大型石炭化工産業基地を建設する。石化と自動車産業の結合発展を推進する。自動車ゴム部品工業園、自動車用化学品工業園の建設を加速する。企業集約発展を誘導する。自動車化学専用材料、タイヤ、電線ケーブル保護カバー、自動車シール部品、不凍液及び車用下塗りシリーズ化工製品を開発する。


 農製品加工業

 

  農製品加工業は吉林省中堅産業の一つである。トウモロコシの商品量、輸出量及び人当たり占有量は全国の首位である。人参、林蛙、梅花鹿、ミネラルウオーター、果仁等長白山特産資源は地域優勢がある。中部食糧と畜禽深加工区、西部畜乳製品と緑色食品加工区、東部長白山生態食品加工区の発展枠組みを形成している。
吉林省は力を尽くして核心競争力のある農製品加工産業基地を造り上げる。豊富な農畜資源と長白山生態資源を依頼し、産業基礎と区位優勢を発揮し、更に大型企業集団を育成し、研究開発の力度を大きくして装備レベルを向上する。絶えずに製品の付加価値、資源総合利用レベル及び輔射リード能力を向上する。食糧深加工を強化する。合理的にトウモロコシ加工総量を制御し、加工深さ向上に力を入れる。食糧安全を保障し、積極的に非食糧代替原料促進し、シリーズ酵素を重点として技術研究開発と成果転換を加速して、非食糧原料の比率を30%以上に達成する。大力に非食糧産業を発展し、飼料比重を向上し、食品安全を保証する。大成、中粮、嘉吉生化、新天竜酒業等の大型企業集団を依頼して、化学アルコール、オキシランの生産能力を拡大する。種類を増加し、酢酸エチル、ポリ乳酸、バイオポリエステルなどの工程技術研究開発及び産業化の進捗を加速する。精深加工比重は80%ぐらいに達する。大力に水稲、大豆、雑穀の加工産業を発展する。積極的に終端製品を開発する。「吉林ブランド」造りを育成する。家畜家禽製品総合加工を推進する。皓月、德大、華正、広澤等の大型企業を依頼して重点的に各種類熟食食品と乳製品を発展する。生物技術を利用して副製品総合利用を推進する。大力にシリーズ生化製品を発展し、製品の付加価値を向上する。アジア最大の清真牛肉製品基地と鶏肉輸出基地創りを加速する。積極的に中シン食品区建設を推進する。グリーン有機食品の生産を開発する。


医薬産業

 


  医薬産業は吉林省優勢産業の一つである。主に化学原料薬及び製剤、漢方薬飲錠剤、漢方薬錠剤、生物生化製品、医療器械、製薬機械、衛生材料と薬用梱包材料、漢方薬栽培養殖業及び医薬商業等九種類を含む。中国北薬基地、長春国家生物産業基地、国家新型工業化産業モデル基地である通化医薬城は吉林省にある。
  吉林省は生物薬科学研究及び人材優勢を依頼して、現在あるワクチン生産技術のレベルアップと生産能力拡大を促進する。組換人インスリン、組換人オーキシン等生物技術薬物の国内市場シェアと輸出シェアを拡大する。エイズワクチン等一陣の新品種の研究開発及び産業化進捗を加速する。生物医薬の未来発展の高地を奪い取る。長白山本場の薬材栽培、加工及び基源薬物開発を巡って、漢方薬産業推進工程実施を加速する。積極的に漢方薬の大品種の二次開発と新品種産業化を推進する。国内でのリード地位を保持する。化学薬物及び診断用試薬及び現代医療機械発展を加速する。医薬産業新しい増加ポイントを形成する。


装備製造業


  装備製造業は吉林省伝統優勢産業である。現在、すでに軌道客車、先端知能装備製造を先導とし、農業機械、換熱設備、電力設備、鉱山機械、石油機械及びクレーン機械等の伝統産業を重点とし、基礎部品をサポートとする装備製造業産業体系を形成している。現在、ロット的に軌道バス、農機装備、電力設備、放熱設備、石油機械設備、専用マシン、鉱山精錬設備、建築クレーン設備等の各種類製品2000種余りを生産することができる。その内、高速動車組、新型都市間軌道車両、中大出力トラクター、トウモロコシ収獲機、新型板式換熱器等の重要製品は全国でも比較優勢がある。特に長春軌道交通産業園はすでに全国最大の軌道客車の研究開発、生産及び輸出基地になっている。長春客車株式は高速動車組について年間1200車両の動車組の生産能力がある。350キロ/時間の動車組の製造プラットホームは国際でも先進レベルに達した。350km/h、250km/hの二つ動車組技術プラットホームを構築し、前後それぞれCRH380シリーズ高速動車組、CRH5型動車組及び知能高速総合検査車両などの製品を開発して生産開始した。現在、中国標準動車組、CJ-1型都市間動車組、市域列車などの新製品を開発している。長春軌道客車株式有限公司は唯一の高寒高速動車組の製造メーカーである。都市軌道交通車両について、年間1200車両の都市軌道交通車の製造能力がある。国内都市軌道交通車市場シェアの40%以上を占め、成功的にアメリカ、オーストラリアなどの国際市場に進出した。前後シングル軌道、ダブル軌道の異なる軌道運行方式、回転モータ、リニアモータの異なる牽引方式、炭素鋼、ステンレス鋼、アルミ合金の異なる材質、A、B、Cの異なる車種及び低フロア車、高速磁気浮上、低速磁気浮上などの異なるシリーズ製品を開発した。吉林省は本省の装備製造業産業優勢に基づき、きちんと「先端造り出し、伝統レベル向上、特色育成、基礎強化」というメインラインをめぐって、育成加速と先端装備製造業発展を重点とし、特色化と差異化を突出し、更に技術改造の投資を増加し、産業規模を向上して情報技術より装備製造レベルを向上する。力を尽くして軌道客車、衛星及び応用、航空設備、医療機器設備、環境保護設備、試験及び検査設備、換熱設備、農業機械、電気設備、鉱山機械、石油機械、自動車製造設備、食品加工設備及び製薬設備などを発展する。一陣の工程設計、製品開発、設備製造、工程セット設備及び技術サービスを一体とする強い競争力のある大型中堅企業と企業集団の育成に努力する。区域優勢を依頼して、一陣の創新能力強く、市場シェア高く、競争優勢強い産業集群を育成し、建設する。特色製品優勢突出、専業化協力分担合理及び部品供給整備の産業枠組みを形成する。装備製造業をわが省の新しい柱産業造りに努力する。


建築業


  吉林省は全力を挙げて科学発展枠組みを構築し、産業転換れべアップを推し進め、企業優化再編を推進し、外の省市企業の吉林省投資入居を導入し、「海外進出」戦略を実施し、建築の柱産業発展を加速している。2020年まで3-5の開発、生産、工事、運営サービスなどの一体とする総合性、全産業チェーン企業集団を発展し、3-5の国家住宅産業化(建築産業現代化)基地を建設し、長春市、吉林市を国家住宅産業モデル都市になるよう育ち上げて、建築業の転換レベルアップをガイドする。30社以上の資金充足、人材集約、技術先進及び競争力が強い大型の総合的な建築業の企業集団を形成し、建築業生産値3000億元以上一つ建築強市(長春市)を形成し、建築業生産値それぞれ500億元以上三つ建築大市(吉林市、通化市、松原市)を発展し、建築業生産値それぞれ100億元以上七つ建築優秀市(延辺州、四平市、遼源市、白城市、白山市、梅河口市、公主嶺市)を発展し、生産値それぞれ50億元以上四つ建築大県(九台市、延吉市、東豊県、前郭県)を造り出し、二つ建築労務大市(松原市、白城市)を育成するために力を尽くす。


旅行業


  吉林省は旅行業を新しい柱産業として育成と建設を加速している。近5年来、吉林省旅行業は継続、迅速発展の良い趨勢を呈している。全省の観光客、旅行収入は年間平均それぞれ19%、27%以上を増加している。旅行収入は2012年に初めて一千億元を超えた。2014年、全省観光客接待は12141.24万人回を超え、旅行総収入は1846.79億元を実現し、同比25.03%増加した。社会総合効果は絶えず上昇してきた。吉林省の柱産業の行列に邁進している。
  東北アジア地域の旅行センター、氷雪旅行強省、生態旅行有名省、文化旅行大省及び国境旅行モデル省を造り出すために、国際著名な生態文化観光地建設のために努力している。近年来、吉林省は絶えずに資金投入を増加し、プロジェクト建設をサポートとして旅行プロジェクト建設をスピートアップしている。高基準、高品質の総合的な旅行プロジェクトは相次いで建設している。百億級の旅行プロジェクトは増加しつつある。成功的に導入した中国投資額一番大きな旅行レジャーの一つである長白山国際レジャー区の一期プロジェクトは正式に運営開始している。大きく吉林旅行の旅行対応能力を向上し、吉林省乃至中国東北地区の中高級レジャー旅行製品、国際リードレベル旅行製品の空白を埋めている。吉林旅行のブランドの知名度と影響力を大きく向上している。中国最も吸引力に位置付けた氷雪運動を主題とする四半期旅行に適している。レジャー観光地の総投資400億元の万科松花湖国際旅行レジャー区プロジェクトは運営されている。吉林省旅行業は「文明、秩序のある、安全、便利、富民強省」を目標とし、プロジェクト投資をサポートとし、全面的に投資環境を優化し、集中的に旅行業のレベルアップバージョンを造り上げ、全力を挙げて全省旅行業のより良く、より早い発展を推進している。


農牧業


  吉林省は中国重要な農業省である。中部松遼平原は世界著名な三大「黑土帯」の一つである。「グローバル黄金トウモロコシ帯」である。土地肥え、気候適宜である。優質トウモロコシ、大豆、米及び肉牛、生豚及び肉鶏をたくさん産出する。国家食糧、肉類主要生産区と精深加工区である。西部草原地域は広い。水草は豊美である。発展優良畜牧業、雑穀雑豆及び水産業開発の良好な生態条件がある。油料、糖料及び細毛羊商品の生産基地である。吉林薬人参、鹿角及び松茸等長白山の特産品は国内外で有名である。薬人参生産量は全国の85%を占め、世界の70%を占め、鹿角生産量は約全国の60%を占める。吉林省は中国の重要な商品食糧基地である。2014年の食糧総生産量は706.6億斤に達成し、継続的に全国第4位を占めている。食糧単位面積生産量は全国平均レベルより224斤高い。全国第一位を保持している。吉林省の気候と土壌などの条件は非常によく、トウモロコシの栽培に相応しい。トウモロコシの耕し面積は全省農作物の面積の60%を占め、トウモロコシの生産量は全省食糧総生産量の70%を占め、吉林のトウモロコシの輸出量は全国の50%以上を占めている。トウモロコシ総生産量、一人当たりの総生産量、商品量、輸出量及び調出量は長年全国第一位である。食糧と肉類の一人当たり占有量は連続長年全国第一位である。


電子情報産業


  電子情報産業は吉林省の優勢産業の一つとして長年の発展を経て、すでに光電子、自動車電子、電力電子、新型コンポーネント及びソフトウエアを特色とする産業枠組みを形成している。光表示、スペクトロスコピー技術、大出力半導体レーザー技術、光通信、マイクロエレクトロニクス専用設備、基礎材料及び機器などの分野で多くの一陣の優秀な科学研究成果がある。その内の多半数成果の技術レベルは国内リードレベル達成し、または超えている。自動車電子、出力半導体ディスクリート機器、光電エンコーダー及び電力電子設備など分野の竜頭企業は全国で有名である。わが省の自動車、情報安全、教育、政府及び農業など業界応用ソフトウエアは市場シェア、技術レベル及び知名度等の面で全国のリードレベルにある。これから数年間、わが省は光電子、自動車電子、電力電子、新型コンポーネント、新世帯情報技術、ソフトウエア及び情報サービスを発展重点としている。材料、機器、完成機、供給設備及び応用を一体とする光電子産業クラスタを造り出す。重点的にレーザー、光電分析検査機器設備と半導体表示及び照明などの製品を推進する。自動車電子産業クラスタを造り出し、カーエレクトロニクス、アクティブセーフティカー電子制御、ボディ電子及び新エネルギー自動車製品の研究開発と生産を激励し支持している。吉林電力電子産業クラスタ建設を推進し、知能グリッド操作制御監視、モーター省エネ装置及び送配電設備など製品生産を激励し支持し、高級チップコンポーネント、新型電気機械部品、IGBT、MOSFET等の製品生産を激励し支持している。新世代の情報技術分野では情報技術産業についてブロードバンド、ユビキタス、統合及び安全の情報ネットワーク基礎施設への応用を加速し、新世代のモバイル通信、次の世代のインターネット核心設備とインテリジェントターミナルの研究開発及び産業化を促進する。次の世代に適用するブロードバンド情報ネットワークと三ネットワーク統合応用のネットワーク製品、高性能センサー及び集積回路などの製品生産を激励し支持する。積極的に工業ソフトウエア、組み込め式ソフトウエア、業界応用ソフトウエア、デジタル内容産業、インターネットと電信付加価値通信サービスなどの面での蓄積の優勢を活かし、積極的にクラウド計算、電子ビジネス、ソフトウエアサービスの外請け負い、ユビキタスネットワーク及び情報安全等の新しい分野の創新突破を求めている。工業制御ソフトウエアと組み込め式ソフトウエアの工業化と情報化の更なる応用、業界応用ソフトウエアとシステム集積技術の伝統産業の更なる応用の推進により、クラウド計算、ユビキタスネットワーク、モバイルインタネット、ビッグデータ及びスマートシティなどの新技術の応用を促進し、我が省のソフトウエアと情報サービス業の発展を加速し、産業規模を拡大し、産業競争力を向上し、わが省のソフトウエアと情報サービス業の飛躍的な発展を促進する。


冶金建築材産業


  冶金建築材産業の発展は吉林省では良い条件に恵まれている。延辺、白山及び樺甸の当たりでは豊富な金属鉱産物資源が含有されている。現在一億トン以上の貯蔵量の鉄鉱山3基がある。マグネシウムドロマイト貯蔵量は全国で第一位であり、ニッケル貯蔵量は国内第二位であり、モリブデン貯蔵量はアジアで第二位である。吉林省は「調整、改造、レベルアップ、モデルチェンジ」の全体要求に従い、生産能力遅れた企業淘汰を加速し、産業、技術、管理創新を加速する。千万トン級の精錬鋼、特殊冶金炉料及び有色金属深加工の基地を建設する。鋼鉄工業は省エネ消耗低減、低炭素と環境保護を核心として、大力推行非高炉錬鉄、焼結脱硫及び鋼スラグ総合利用などの技術改造大きく推進し、積極的に酸素豊富石炭噴出、炉外精錬、連鋳連圧延及び制御圧延冷却などの先進工程と装備を推し広める。大力に自動車、軌道客車、農機等の製造業用鋼材を開発し、ローカルの供給率を向上する。通鋼大型化改造推進を加速する。東北区域特殊鋼生産基地を築き上げる。鉄鉱石資源を整合し、探査開発力度を拡大し、鉄鉱石の自給率を向上する。冶金炉料工業は大力に高純度、高複合特殊鉄合金産品と仕様大きい出力高く、超大出力のグラファイト電極製品を発展する。国内市場シェアを向上する。積極的に吉林哈達湾工業区全体引っ越しを支持し、吉林鉄合金、吉林炭素異地転移改造工程を加速する。100万トン鉄合金の生産能力に達成する。高端超高出力グラファイト電極6万トンに達する。有色金属工業については銅、タングステン、モリブデン、ニッケル、マグネシウム、コバルト及び金等の有色金属鉱産物資源の開発力度を拡大し、産業規模を形成する。精深加工方向へ延伸する。昊融集団のニッケル塩シリーズ及びカルボニル鉄、ニッケルカルボニル製品発展を支持する。規模を拡大して、全国リードのニッケル金属深加工産業基地を造り上げる。遼源中国高精アルミ生産加工基地建設を促進する。大力に幅大きい中厚板材、都市軌道と高速列車型材及び硬質飛行機枠組みフレームなどの先端製品を開発する。40万トン電解アルミ建設を計画する。原料、加工、制製造の一体化を形成する。モリブデン金属精錬と深加工を発展する。レアアースマグネシウム開発と利用を加速する。銅、アルミなどの有色金属のリサイクルを激励する。セメント業界については、亜泰、冀東、金剛等大型企業集団を依頼して、さらに合弁再編を実施し、産業集約化を向上する。新型干法セメント比重を97%に向上して、東北最大のセメント生産基地を造り上げる。ガラス業界については、積極的に特殊超薄、超白ガラスなどの製品を開発する。自動車ガラスと安全ガラス生産能力を向上する。双遼ガラス工業園、白山ガラス工業園の建設を加速する。壁体と装飾材料については石炭脈石、フライアッシュを原料として大力に新型省エネ壁体材料使用を開発し、推し進める。蛟河天崗花崗岩深加工を推進する。中国天崗石材城建設を加速する。積極的に国内セラミックス産業移行受け入れ、樺甸セラミックス産業園建設を加速する。

 

 サービス業


  近年来、吉林省のサービス業の発展は迅速である。2014年、全省サービス業は6.9%を増長し、GDP増速より0.4%を超え、第二産業増速より0.3%を超えた。サービス業の増加値はGDPの36.2%を占め、前年度より0.3%を向上した。経済増長への貢献率の37.6%に達し、前年度より0.1%を向上する。現在、吉林省はサービス業発展の三年行動計画を実施し、深く現代物流業のレベルアップ、情報と科学技術サービス業振興、金融業拓展、旅行業拡大、文化産業スピートアップ、商業貿易流通業転換、不動産産業レベルアップ、省エネ環境保護サービス業育成、老人ホームサービス業補助及び健康サービス業推進などの十大工事を実施している。長春東北アジア芸術センター、長春寛城自動車貿易物流園などの30現代サービス業集中区を相次いで建設し、集中的に第二陣省級サービス業集中区の認定作業を展開している。一陣の省級サービス業集中区を国家級モデル区に取り入れているよう努力している。


金融業

   近年来、全省金融業は信用貸付構造優化を調整し、企業の上場を加速し、企業債券発行規模を拡大し、金融製品を創新し、金融サービスを向上し、絶えずに重大プロジェクト、インフラ、新興産業、城鎮化、「三農」、微小企業等の分野金融支持を拡大する。積極的に経済構造調整と転換レベルアップ促進により自分自身の実力の迅速拡大を実現した。2014年、全省では融資総資金2994.7億元を完成し、年初企画の113%を完成した。前年度より380.3億元を増加した。全省境内金融機構の人民元、外貨預金残高16526.3億元であり、年初より1640.4億元を増加した。金融機構の人民元、外貨の各項貸付残高12695.3億元であり、年初より1846億元を増加した。現在、吉林省としてはサービス業レベルアップを実施し、深く金融業態を造り出している。継続的に合作を深め、融資総金額を拡大している。企業上場力育成に力を尽くし、資本市場発展を加速している。金融製品を創新し、金融サービスレベルを向上し、金融改革創
新を促進する。全力を尽くして「信頼吉林」建設を促進し、金融生態環境を改善する。

 

文化産業

  吉林省は文化産業初步的に一陣の例えば長春映画集団、吉林出版集団、吉林メディア株式会社、吉林日報報業集団、吉林歌舞劇院集団、吉林省影視劇製作集団、吉林アニメ集団を代表とする中堅文化企業を育成し、一陣の「吉林歌舞」、「吉林農村題材テレビ番組」及び「吉刊」などを代表とする知名文化ブランドを推進してきた。
  吉林省は文化産業加速計画を積極的に実施し、吉林文化と知名ブランドの効果を発揮し、文化体制改革を深化し、深く特色文化資源を掘り出し、一陣文化中堅企業を育成する。重点産業を大き、強くする。吉林特色のある市場競争力強い大産業を形成する。資源整合と市場化運営を強化する。大力に放送映画テレビ、新聞出版、芸能娯楽、アニメーションゲーム、デジタル伝送、ネットワークサービス、文化博覧、レジャー娯楽、芸術育成及び芸術品経営などの重点産業を発展する。一陣国内影響力大きい大型文化企業集団を支援し、一陣の重大文化産業プロジェクト、文化産業園区及び文化旅行目的地を建設する。東北アジア国際文化交流プラットホームを造り上げる。文化業態を創新する。ハイテック技術改造伝統文化創作とメディア方式を採用して、現代メディア、アニメーションゲーム、デジタル出版、コンサルタント計画、広告及び創意等の業態を育成し、強化する。産業集約を促進する。「長吉図」文化産業ゾーンを建設する。文化産業省級の集約区を造り上げる。積極的に東北、吉林の特徴のある民族、民俗文化産業化経営を激励する。その市場進入を加速する。体制改革を深化し、全面的に経営性文化部門を企業体制変更へ推進する。吉林テレビメディア、吉林出版集団、長春映画集団等の重点文化企業上場を推進する。保障能力を増強し、文化産業投資融資、技術サポート、人材育成導入及び展示取引等の公共サービスプラットホームを構築する。


 会議展覧業

 

  吉林省会議展覧業は空前に活躍している。経済貿易、科学技術、文化の対外合作及び交流を促進している。それぞれ、前後「中国吉林•東北アジア投資貿易博覧会」、「中国長春国際農業•食品博覧(取引)会」、「中国(長春)国際自動車博覧会」等大型展会を開催していた。「中国吉林•東北アジア投資貿易博覧会」は中国政府より開催される世界で唯一の東北アジア六カ国共同参加し、グローバルに向けて経済貿易合作、ハイレベルの対話及び文化交流の国家級国際的区域総合博覧会である。東北アジア博覧会は2005年から連続的に9回を成功的に開催した。2012年9月、国務院の批准により、中国―東北アジア博覧会」という名前を変えてランクアップした。二年一回を開催し、国家級の対外交流プラットホームの重要な構成部分になっている。第十回中国—東北アジア博覧会は2015年9月1日-6日に長春市で開催する予定である。