開発区
 

開発区

 

吉林省開発区発展情況
  1988年5月12日に第一社開発区を設立して、自然資源の豊富で、工業基礎が固い吉林省は高いスタートの企画、高基準建設、高強度投入、高品質サービス、高効率産出の転換理念によりスペースレイアウトを優化し、主導産業を育成し、特色クラスタを造り出し、創新能力を増強し、集約資源を節約し、全面的に改革を深め、対外開放を拡大し、体制メカニズムを活性化する。開発区の迅速発展を進めてきた。2014年、吉林省より《中共吉林省委、吉林省人民政府の全省開発区レベルアップと創新発展レベルアップを推進する意見》(吉発[2014]14号)を制定し、発表した。これは開発区転換レベルアップ及び創新発展の促進、十分に開発区の全省転換創新リードモデルの働きを果たすために重要な推進の働きを果たしている。
  現在、吉林省では各級各類の開発区は計113社(国家級12社、国家級特殊機能区2社、省級開発区63社、工業集中区36社)がある。その内、長春市25社(国家級4社、国家級特殊機能区1社、省級15社、工業集中区5社)、吉林市17社(国家級2社、省級14社、工業集中区1社)、四平市9社(国家級1社、省級3社、工業集中区5社)、遼源市5社(省級1社、工業集中区4社)、通化市7社(国家級1社、省級4社、工業集中区2社)、長白山市10社(省級6社、工業集中区4社)、松原市12社(国家級1社、省級5社、工業集中区6社)、白城市8社(省級6社、工業集中区2社)、延辺12社(国家級3社、国家級特殊機能区1社、省級4社、工業集中区4社)、長白山管理委員会2社(省級2社)、公主嶺市4社(省級2社、工業集中区2社)及び梅河口市2社(省級1社、工業集中区1社)である。
    2014年、全省開発区地区生産総値は9111.89億元である。全省の66.01%を占め、同比7.76%増長した。規模以上の企業工業増加値は5313.62億元、6.89%を増長した。地方級財政収入は621.74億元で、19.6%を増加した。固定資産投資は6979.13億元であり、同比17.43 %を増加した。

国家級開発区

長春ハイテック技術産業開発区 吉林省の初めての国家級開発区である。「国家トーチ計画ソフトウエア産業基地」、「国家トーチ計画光電情報技術産業化基地」、「国家ハイテック技術製品輸出基地」、「国家の知的財産権制度実施モデル園区」になり、自主ブランドと新エネルギー自動車、生物ワクチン、半導体照明と光電表示、アニメーション、ソフトウエアとサービス外依頼などの「五大産業基地」形成を育成する。

 琿春国境経済合作区は中、朝、露の3ヵ国の境地にある。現在、全国唯一の国家級国境経済合作区、輸出加工区、都市間貿易区の「三区」一体として開発方式独特、開発条件優越の特殊区域である。現在、すでに木製品加工、紡績服装、エネルギー鉱産物採掘及び深加工、ハイテック電子、医薬食品と保健品、新材料と新型建築材などの六大主導産業はすでに形成された。この上に全力を尽くして転換レベルアップを計画している。重点的に加工貿易型と輸出ガイド型経済及び先端先進製造業を発展し、全力を挙げて長吉図区域内の重要な経済増長極を作り出している。

吉林ハイテック技術産業開発区は 吉林の南にある。1992年11月に国務院の批准により設立された。現在、既に自動車及び部品、機電一体化、電子情報、生物医薬、精細化工と新材料などを主導とする産業体系を形成した。国家級電力電子産業基地、国家トーチ創業園、国家吉林ソフトウエア園及び吉林市自動車工業園を依頼して、絶えずに環境優化と市場要素整備を実施し、国内外多くの知名企業入居を導入した。


長春経済技術開発区(長春興隆総合保税区)は 現在、既に長春市の一つ新しい経済増長極と現代化新都市区になった。「南部で都市を建設し、北部で開発区を建設する」の戦略に基づき、九大の特色のある園区を建設する。つまり、自動車部品園、迅速消費品園、生物医薬園、光電産業園と生物産業園、専用車園、装備製造業園、新興産業園、総合保税及び国際合作園区を建設する。専用車及び部品産業、食糧深加工、現代サービス業、装備製造業、迅速消費品産業、光電情報産業、生物医薬産業及び新興産業を発展する。

 吉林琿春輸出加工区 本区は 2000年4月27日に国務院批准により設立した。国務院第一陣設立した全国15の輸出加工区の一つであり、全国14沿岸開放都市の中で批准取得された一社でもある。国務院より輸出加工区を設立して「境内関外」管理モジュール実施の目的は加工貿易管理の強化と整備、税関より輸出加工区へのルール化監督、輸出加工区の健康発展促進、対外貿易輸出激励のためである。輸出加工区は国家より批准されて設立し、税関監督管理の特殊密封区域である。貨物は境内区外出入加工を輸入と輸出に看做し、税関は輸出輸入貨物として監督と管理を実施する。琿春輸出加工区管理委員会は国家法律、法規により輸出加工区の企画、建設、発展等の行政、経済各項業務管理を実施管理する。下には輸出加工区管理局を設ける。
吉林経済技術開発区は 1998年に開発区を設立してから「砂を握り、塊りになる」精神を以って開発区建設を絶えずに新しい突発を実現してきた。現在、精細化工、特殊繊維と化学繊維紡績品及びブランド食品の三大主導産業を形成している。2010年4月、吉林経済開発区は国家級開発区にランクアップしてから千億級の開発区へ進軍し始めていく。

四平紅嘴経済技術開発区は 2010年11月に国家級開発区の行列に身を寄せた。全力を挙げて「五大特色園区」を造り出している。つまり、国家熱熱機計測センターは四平市のために科学研究、検査計測及び販売を一体とする「中国換熱機城」を造り出すためにユニークな条件を提供すること。現代化サービス及びアニメーション産業園区は実力のある動慢企業の加盟を引導して契約締結後設立すること。新興建築材及び冶金産業園区は3年間をかけて全省で最大のPVC生産基地を造り出すこと。化工と生物製薬産業園区は「天然ガス親ステーション」を利用して充分資源を提供して、産業のメーカー投資誘致を加速して集中発展を推進すること。農副製品及び食品加工産業園区は農副製品深加工のために、既に「宏宝莱」飲み物などのブランド品基地を育成して、大きな発展スペースを提供する。

 延吉ハイテック技術産業開発区は 「長吉図」開放前線の優勢を生かして迅速に産業を集中し、韓国、日本、シンカボール、アメリカ及び中国香港などの多国と地区の200社余り企業は既にここ入居し企業を経営している。医療設備生産と製薬産業、食品加工とタバコ産業、IT製造業及びハイテック産業を柱として優勢産業枠組を形成している。2010年11月に国家級ハイテック区を批准された。現在、延吉ハイテック区は長江三角、珠江三角地区の労働密集型産業を受け続き現代装備製造業を大きくし、電子情報を主とするハイテック産業発展を加速し、朝鮮族特色食品産業園区建設を加速し、医薬と医療器械産業を大きく発展する。

長春自動車経済技術開発区は 2010年12月30日に国務院批准により国家級開発区に昇格した。現在国内には一汽、VW、解放、豊越等多くのOEM及び300社余りの自動車部品企業と自動車改造企業がある。エンジン、トランスミッション、 ショックアブソーバー、シャ―シ及びインナー部品などの5000品種余りを生産することがきる。「中型、大型、乗用車」三大シリーズの多くの車種の製品の枠組みを形成した。

 長春浄月ハイテック技術産業開発区は 2012年8月19日に国務院批准により国家級開発区に昇格した。全区の総人口約40万人である。管轄内には長春偽満皇宮博物院、長春自動車文化園と和浄月潭国家重点風景名勝区及び新立湖国家水利風景区がある。総面積は478.7キロメートルである。その内、林水総面積は243キロメートルに達した。浄月高新区は科学技術創新型生態城の目標に応じて建設された。科学的なレイアウト、点と面と結合されている。「一核、三帯、九園”の産業空間発展枠組みを構築した。一核とは「東北アジア本部基地」を造り上げる。三帯とは即建設東部生態旅行レジャー帯、中部都市機能サービス帯及び西部新興産業帯である。九園とは三帯を巡って、9つそれぞれ特色のある産業園区であり、それぞれ光電情報産業園、アニメーション創意産業園、啓明ソフトウエア園、映画テレビ文化産業園、現代物流園、大学科学技術園、現代農業科学技術博覧園、健康サービス産業園及び欧陸風情園の建設である。

松原経済技術開発区は 1993年に設立された。多年来、資源、区位、政策優勢を依頼して、積極的に「投資者親しみ、投資者協力、投資者安心させ、投資者豊か」良い雰囲気を造る。すべての園区入居投資者の一致好評を得た。「投資者より投資者を誘導する」の良的循環を形成した。20年余り以来、本区では飛躍的な発展を遂げ、農製品深加工、石油化工、食品加工の三大主導産業を形成した。2013年3月、国務院批准されて国家級開発区に昇格した。昇格後、本区はより広い範囲で、より幅広い分野で、より高い程度で対外開放を推進した。品質とレベルの発展を向上した。主導産業を大きくて強くした。重点的に食品加工産業基地を作り出した。絶えずに投資環境を優化し、よりよく優質サービス、よりよい優恵政策で、国内外より多くの投資者の投資振興を誘致した。

通化医薬ハイテック技術産業開発区は 2013年12月30日に国務院批准により国家級開発区に昇格した。現在、万通薬業、修正薬業等の医薬企業が40社余りがある。将来は主に生物製薬現代化分野を発展する。高端サービス業では主に健康サービス業を発展し、それに補として、医薬物流商業貿易、医薬教育トレーニング、医薬電子情報、医療機器設備、漢方薬材栽培及び健康食品産業を発展する。「サービス最も優質、環境最も美しく、政策最も優恵、投資最も儲かり、時間最も貴重、チームワーク最も誠実」の開発区を造り出す。
和竜国境経済合作区は 2015年3月3日に国務院より批准された国家級国境経済合作区である。本合作区の設立は朝鮮との経済貿易合作を拓展し、要素集約を促進し、地区特色産業発展壮大を加速することができる。本区設立後、加工、国境貿易、旅行及び物流などの機能を一体とする特殊経済区域になる。

長吉図開発開放先導区
戦略地位 全国では八つ省区の沿辺地区がある。吉林省はその内の一つである。国際区域合作の中では代表性のある瀾滄江—湄公河次区域合作、中哈霍爾果斯区域経済合作及び図們江区域合作である。それぞれ東南アジア、中部アジア及び東北アジア向けの三つの国際区域である。「長吉図」は東北アジア区域地理の幾何中心にあり、この中心の100キロメートル半径内で、10個余りのロシア極東及び朝鮮の良港を分布され、西にはモンゴル東部に接し、東はロシアシベリア極東腹地に連結している。ロシア豊富な自然資源、日本と韓国の資金と技術、中国巨大な市場と人力資源はこの区域高度に集約しており、合作開発のスペースと市場潜在力は注目されている。
戦略目標 省委、省政府は長吉図開発開放先導区「一年目には良好なきっかけ、四年目に著しい進展し、十年目には飛躍的な発展実する」の全体の発展目標を確定した。2020年、長吉図地区の対外開放レベルは著しく向上し、特色のある産業体系国際競争力も著しく増強した。科学技術創新能力は国内先進レベルに達し、内部の区域合作の関係調整は合理であり、対外総合運輸通路は便利であり、都市機能整備及び資源環境耐力は基本的に生産発展と生活豊かな要求に満足できている。東北地区経済発展の重要増長点になっている。全面的に《企画綱要》より提出した各プロジェクト目標を実現した。地区生産総生産値は14600億元に達成し、サービス業増加値比重は50%に達成し、城鎮化レベルは70%ぐらいに達成し、森林カバー率は68%に達成した。
戦略措置 積極的に先導区の区位優  優勢整合、合理配置勢、資源優勢及び産業優勢を整合する。対外には有効的に周辺国家と地区の区位、資源、産業及び科学技術優勢を生かして、タイムリー的に勢いを借り、力を借りて発展を実現する。対内には東北三省一区乃至発達省との合作を強化し、市場経済規律の要求を遵守し、科学的にスペースと産業レイアウトを求め、窓口、前線と腹地のそれぞれの機能により位置決め、産業集約を早め、強い産業を造り出し、産業
構造優勢を向上する。
政策をよく実施、創新を重点 長吉図地区三市(州)はきちんと《企画綱要》の内容、特に特国家より与えらた政策を理解し、その内容をよく気味し、充分に潜在してある政策効果を掘り出し、積極的に勇敢挑戦し、創新を激励し、失敗を許し、一流ゆったり環境を造る。投資融資体制、人材活用、生産、学校科学研究などの方面で大胆的に創新し、積極的に老工業基地振興発展、東北アジア区域合作、区域内外連動発展及び区域内の体制改革の新モジュ
ールを探索する。
連動に発展、周辺をリード 徐徐に区域内行政壁と市場分割を潰し、長春市、吉林市、延辺州連動バランスよい発展を促進する。長吉一体化及び延龍図の一体化の進捗を加速し、全省経済発展及び図們江区域合作開発促進のエンジンを掛け、交通、エネルギー、生態保護及び流域治理等の区域跨りのインフラ及び重大産業工事の実施により、省内其およびその他との融合、物流通路の順調運営などの良的枠組みを実現する。
戦略重点
《企画綱要》より「長吉図開発開放先導区建設加速」、「積極的に長吉図与国内区域連動推進」、「大力に図們江国際区域合作推進」という三大ブロックの戦略枠組み提出した。吉林省はインフラ建設、産業合作及び創新、国際合作機制、区域一体化、政策補助及び保障等の九つ方面を重点として、長吉図地区開発開放戦略の実施を促進する。
(一) 国際大通路の建設を加速する。露、朝隣接の道路、鉄道及び港等のインフラ合作プロジェクト、中モ大通路、国際空港物流通路をめぐって国際大通路疎通工事建設を早め、東北経済区開通、モンゴルから日本海への国際運輸通路を構築し、重点的にロ朝隣接地区との交通インフラ合作プロジェクトを促進し、中モ大通路、長春内陸港、吉林内陸港、国際空港物流通路建設及び琿春港国際商品取引センター工事を促進する。圈河、古城里、図們、沙坨子、開山屯等の5つ道路国境橋を建設し、圈河、古城里等の2つ港連合検査ビルを建設し、開山屯から三峰、南坪至茂山港鉄道へ、琿春-ザルビノ-束草-新潟陸海連合運輸等の重大なプロジェクトを建設する。
(二) 国際、省際産業合作園区を建設する。重点的に長春中露国家級科学技術連合研究センター建設を促進し、積極的に琿春ロシア工業園、琿春日本工業園、琿春韓国工業園、琿春香港工業園、吉林(豊満)韓国工業園、延吉韓国工業園、吉林(シンカポール)新型農業合作食品区等の国際産業合作園及び吉林(農安)广東工業園、吉林(長春)北京軌道交通工業園、吉林(長春)上海工業園、吉林(蛟河)浙江工業園、北京工業園、深圳工業園及び台湾工業園等の省級産業合作園区の建設を加速する。
(三) 国際交流合作プラットホーム構築を努力する。中国―東北アジア博覧会の基礎の上に、各種類の国際的な高層フォーラム、商務活動をめぐって、長春•東北アジア国際ビジネスサービス基地を建設し、東北アジア国際交流合作プラットホームを作る。国家外交、地方政府協商等システム設立を促進する。長春で図図們江区域地方首脳連絡所と東北アジア国際合作事務機構設立の作業方案を検討し、推進する。長春東北アジア国際商務区と東北アジア総部経済基地を造る。
(四) 総合保税区と輸出加工区建設を加速する。絶えずに琿春輸出加工区機能を向上し拡大する。琿春輸出加工区建設を加速し、保税区、輸出加工区及び保税物流区を一体とする総合保税区を設立し、長吉腹地の対外開放の機能を強化し、全力に長春総合保税区の提出作業を推進し、沿辺地区輸入資源加工区設立を探索する。
(五) 国境を跨る経済合作区建設を推進する。更に琿春国境経済合作区の機能を整備し、向上する。絶えまず弛みなし中露、中朝との隣接地区の国境を跨る合作を推進し、図們江国境を跨る自由貿易園区を建設して最終的に図們江自由貿易区創造条件を造り、重点的に中露琿春-哈桑国境跨り経済合作区、中朝琿春-羅先国境跨り経済合作区の建設を推進する。
(六) 長吉図とその他区域の連動発展を推進する。行政制限と市場壁を取り消して加長吉一体化と延龍図一体化の進捗に良い環境を造る。長春、吉林の優勢産業を開放窓口と前線への延伸を促進する。資源要素優化配置、地区優勢充分発揮、都市と農村とのバランスよい発展の連動発展の新枠組みを形成する。区域内高速道路、鉄道、民航、水利、エネルギー、都市基礎施設及び環境保護等の重大プロジェクト建設を加速し、延龍図基礎施設同城化工事、長東北新区及び吉林北部工業新区建設推進を早める。
(七) 現代産業システムを構築する。百万台自動車増産工事、吉林化学工業循環経済モテル園区、長春国家光電子産業基地と生物医薬産業基地、千億元医薬産業工事、吉林炭繊維産業基地、新型鉱産物資源総合開発基地、長春軌道交通装備製造産業園、吉林風力電力装備産業園及び長春と延辺農機産業園の建設を加速し、東北アジアに向ける国際物流基地、長吉図旅行経済ゾーン等重点工事及びプロジェクトの建設を加速する。
(八) 体制機制創新を推進する。大力に重点分野とキーネックの改革を推進し、区域経済一体化と全方位開放合作の体制によい機制を形成し、区域経済発展の活力と動力を増強し、図們江合作開発株式銀行設立、長吉図開発開放投資公司設立の研究を加速する。図們江開発創業投資基金を設け、琿春市管理モジュール創新を推進し、琿春市計画別途立て或は省級への直接管轄のレベルアップを探索する。
政策サポートを強化する。きちんと国家より長吉図先導区先行試行政策チャンスをめぐって大力に国家のサポートをもらい、操作性のある優恵政策作りを研究し、区域経済快速に発展を支持する。長吉図先導区産業発展促進に良い機制を、インフラ建設、国際合作、科学技術創新等の方面の優恵政策と指導意見を研究し、特に長吉図開発開放先導区戦略発展に適合する資金補助、土地、金融、対外経済貿易、人力資源及び資源型都市経済転換等に関連する政策制定を研究する。


重点対外合作プラットホーム
  琿春国際合作モデル区 本区の敷地面積は約90平方キロメートルである。国際産業合作区、国境貿易合作区、中朝琿春経済合作区及び中露琿春経済合作区等の機能区を含む。その機能位置付けは琿春市に基づき、長吉図を依頼して、東北アジアに向けて大東北へサービスする。我が国の東北アジアに向けの合作と開発開放の重要プラットホーム、東北アジア地区重要な総合交通運輸枢軸と商業貿易センター及び経済繁栄、環境美しく、住み易い生態型新しい都市区を建設する。我が国東北地区重要な経済増長極と図們江区域合作開発のブリッジヘッドになるよう発展する。
長春興隆綜合保税区は 現在省内開放のランクが最も高く、優恵政策が最も多く及び効能が最も整備されている税関特殊管轄区であり、長吉一体化戦略の重要な節目である。重点的に自動車及び自動車電子製品加工製造業、交通装備工業部品製造とモジュール組付け製造業を発展し、長春陸上港と竜嘉国際空港機能を依頼して港通関、輸出加工、保税物流、転換貿易、国際調達サブ販売及び配達などの業務を展開する。
中シン吉林食品区は 中国とシンガポール両政府より農業と食品分野での戦略的な合作プロジェクトである。現在、食品区は既に全体プロジェクト規格を完成し、5年間内に100億元を投資してインフラーと初歩プロジェクトを建設する計画である。2020年まで食品区は最終的に国際一流の安全健康食品生産モデル区、現代農業発展モデル区、農村「三化コーディーネーション」モデル区及び長吉図開発開放戦略先行モデル区の建設を完成する。
長吉産業創新発展モデル区は 長吉産業創新発展モデル区建設は長吉図開発開放先導区の徹底実施の重要なキャリアであり、吉林省を国家の「一帯一路」戦略に融合する重要なプラットホームであり、省委より出された区域協調発展と産業レイアウトの重要な取り組みであり、上海自由貿易区の改革発展経験を活かす重要な試みであり、各方面の積極性を引き出す重要制度の按排である。企画制御区の総面積は約3710平方キロメートルである。長東北と吉林市産業発展モデル区の二つの部分を含んでいる。重点的に先進製造業、現代サービス業及び現代農業を重点とする現代産業体系を造り出す。開放開発の先導区、産業転換レベルアップのモデル区及び全面深化改革の試験区を建設する。現在、モデル区の全体方案はすでに省政府より決裁され
た。2015年に全面的に建設をスタートする。
中朝羅先経済貿易合作区は 朝鮮民主主義人民共和国の羅先特別市にある。吉林省琿春市、ロシアハッサン区と隣接され、日本と海を隔てて望み合っている。総面積は470平方キロメートルである。2012年10月26日に中朝羅先経済貿易区管理委員会は正式に設立され、運営し始めた。「全体企画通りに、段階分け実施、政府ガイド、合作開発、企業を主とし、市場運営、優勢補完、ウインウイン」の原則に従い、中朝経済合作、加工貿易と文化交流の戦略互惠プラットホームを構築する。東北アジア地区は重要な国際物流センター、先進製造業センターと区域性旅行センター、朝鮮対外交流の試験区、中朝経済貿易合作モデル区と環境友好型経済貿易区、東北アジア地区重要な国際経済貿易センター及び現代化の港都市である。
中露琿春—ザルビノクロスボーダー経済合作区は琿春国際合作モデル区、ロシアザルビノ万能港区及び濱海国境区飛躍式開発区を依頼して、重点的に臨港物流、加工貿易等の産業合作を展開し、新しいより緊密の合作プラットホームとキャリアを構築する。現在、吉林省とロシア極東発展部連携作業システムを利用して、合作区に関連する作業を進めている。2015年、合作区を両国政府の戦略合作フレームワークに取り入れて、積極的に相互連絡相互共用等の作業を促進している。