区域戦略レイアウト


区域戦略レイアウト


 西部生態経済区 企画範囲は白城と松原全境、長春の農安県、四平の双遼市を含めむ。計12 県(市、区)である。面積は5.5万平方キロメートルである。全省の29.5%を占めている。総人口は642万人であり、全省の23.3%を占めている。現在、河湖連通等の一陣重大な生態水利工程建設は突破的な進展を取得している。2015年、継続的に生態の修複、環境保護などの十大工事及び50重点プロジェクトを建設する。河湖連通プロジェクト実施を加速する。5億立方メートル貯排水能力増加に力を尽くしている。大型緑色栽培養殖、農製品深加工と安全畜禽生産基地を築き上げる。
中部創新転換核心区 企画範囲は長春、吉林、四平及び遼源等地区を含む。主に創新駆動を主題とし、転換レベルアップを主線として大きく力を入れて科学技術創新と成果転換を良く実施し、産業レベルアップと都市転換を進め、中部都市群建設を加速して、全力を尽くして全省振興発展のトップランナー区を造り出す。2015年、企画作成を完成する。産業創新等の国家と省級モデルをよく進め、積極的に創新転換の新しい道を探索する。
東部グリーン転換発展区 企画範囲は通化、白山、延辺、吉林の樺甸市及び磐石市全境を含む。計23県(市、区)(長白山保護開発区を含む)である。主にグリーン発展を主題とし、グリーン転換を主線として力を入れて、生態安全、全方位連動開放、グリーン産業、生態旅行、都市農村生態住みやすく及び立体総合基礎施設などの六大システムを構築する。現在、全体企画作成はすでに完成した。2015年、力を入れて、内連外通、グリーン産業などの五つ重大な先導工事を推進する。うまく鉱産資源精深加工を進め、生態システムを整備する。生態保護、開放合作及び旅行発展等の面で良いスタート、良いレ―アウトできるよう頑張る。

     吉林省は国家の「一帯一路」の建設と新しい東北老工業基地振興戦略に基づき、積極的に経済発展の新常態に適応する。突出的に「五つ優勢」(老工業基地振興優勢、国家重要商品食糧基地優勢、沿岸近海優勢、生態資源優勢及び科学教育、人材、人文優勢)を発揮し、「5つ取り組み」(体制の仕組み転換と産業構造優化レベルアップを推進すること、農業現代化と新型城鎮化を推進すること、長吉図戦略を推進し、「一帯一路」建設にとけこむこと。生態文明建設を推進し、生態環境保護と資源利用転化を強化すること、高等教育強省、人材興省、文化大省及び吉林建設法治化を推進し、社会治理創新を強化し、各類リスクを排除する)を推進し、「五大発展」(加快創新発展、統一的発展、グリーン発展、開放発展、安全発展)を加速し、自動車、石化及び農製品加工の三大産業振興工程を実施して伝統産業リード新優勢を再造し、医薬健康、装備製造、建築及び旅行の四つ優勢産業の発展工程を実施して競争の新優勢を作り出すこと、、新興産業育成工程を実施して、継続発展能力を増強すること、サービス業工程レベルアップを実施して、生産量増加品質優秀を促進する。