吉林概況
吉林省は中国肥沃で広大な東北松遼平原の腹地にある。歴史が長く、人が優れているところである。
  昔から現在まで、雄大で神奇な長白山は続々と流れ切れない松花江及び広い肥沃な黑い土地により吉林省の美しい生態環境と豊富な自然資源が造られている。独特で独色のある北国の景色と色々な輝かしい歴史文化を生み出されて居る。豊かで美しい吉林大地は人々に憧れている。
  公元1653年(清順治十年)に清政府は寧古塔昂邦章京が設置されてから吉林省設置は362年を経歴した。歴史が続々と流れている。吉林省設置から362年以来、吉林人民は色々経歴され、色々な困難と苦しみを経歴されました。国境開拓、陵辱抗議の中で生存と解放及び発展と富強のために白山と松水の間、肥沃平原の上で、世界の人々に美しく素晴らしく、雄大で勢い盛んな絵巻を広げている!
  吉林省の略称は「吉」である。中国東北地区の中部にある。吉林省は全国での位置付けは主に三つ約2%を占められている。面積は18.74万平方キロメートルで、全国の1.95%を占め、人口は2751.28万人であり、全国の2.03%を占め、2014年のGDPは13803.81億人民元に達して全国の2.16%を占めている。吉林省は1つ副省級都市、7つ地級都市、延辺朝鮮族自治州と長白山管理委員会及び60県(市、区)を管轄している。全省城鎮化率は54.2%に達している。省都は長春市にある。
  吉林省の突出な特徴は大雑把にまとめると、「一つの中心」、「二つの基地」、「三つの優勢」がある。
 「一つの中心」は——吉林省は中国東北地区、朝鮮、韓国、日本、モンゴル及びロシア東シベリアより構成された東北アジアの地理中心の位置にある。国連開発計画署は積極的に支持した図們江地区国際合作開発の中で重要な位置付けにある。東北アジア区域合作発展の優越な地理条件がある。
 「二つの基地」——吉林省は中国の重要な工業基地と商品食糧生産基地である。吉林省加工製造業は比較的に発達である。自動車、石化、農製品加工は三大柱産業である。医薬、光電子情報は優勢産業である。吉林省は世界の「黄金トウモロコシ带」といわれる地帯にある。著名な「黑い土地之郷」である。農業生産条件は自然に恵まれている。長年来、吉林省の食糧商品率、一人平均食糧占有量及び一人肉類占有量は全国の第1位を占めている。
 「三つの優勢」——吉林省の科学技術教育、生態環境及び重要資源は比較的な優勢がある。全省では一万人の中で科学家、エンジニア及び在学大学生の人数は全国で進んでいる。高等教育の数え入学率は48%に達している。吉林省には自然保護区は44区がある。全省国土面積の12.96%を占めている。吉林省の森林カバー率は43.8%に達している。東部地区は70%以上に達している。国家生態建設のモデル省である。吉林省の鉱産資源は比較的に豊富である。オイルシェール、珪灰石、スコリア等び鉱産貯蔵量は全国の第一位を占めている。開発の潜力は巨大である。