区画人口

行政区画 

  全省では現在、1つ副省級都市、7つ地級市、1つ自治州、60県(市、区)及び長白山保護開発区管理委員会を管轄している。省都は長春市である。

 吉林省県級以上行政区画 

     長春市:南関区、寛城区、朝陽区、二道区、緑園区、双陽区、九台区、楡樹市、德惠市、農安県

  吉林市:昌邑区、竜潭区、船営区、豊満区、蛟河市、樺甸市、舒蘭市、磐石市、永吉県

  四平市:鉄西区、鉄東区、公主嶺市、双遼市、梨樹県、伊通満族自治県

  遼源市:竜山区、西安区、東豊県、東遼県

  通化市:東昌区、二道江区、梅河口市、集安市、通化県、輝南県、柳河県

  白山市:渾江区、江源区、臨江市、撫松県、靖宇県、長白朝鮮族自治県

  松原市:寧江区、扶余市、前郭尔羅斯モンゴル族自治県、長嶺県、乾安県

  白城市:洮北区、洮南市、大安市、鎮賚県、通榆県

  延辺朝鮮族自治州:延吉市、図們市、敦化市、琿春市、竜井市、和竜市、汪清県、安図県

  長白山保護開発区管理委員会


民族と分布 

  全省総人口は2751.28万人(2013年末まで)である。その内、都市、鎮は54.20%を占めている。

  吉林省は一つの多民族の省分である。境内には漢民族、朝鮮族、満族、モンゴル族、回族及びシボ族等の56民族がある。漢民族の外にその他の55少数民族人口は約全省総人口の8%を占めている。朝鮮族は主に東部の延辺、吉林、通化及び白山等の市、州に分布されている。モンゴル族とシボ族は主に西部と白城市と松原市に分布されている。満族、回族が長春、吉林、通化及び四平市には多い。

民族区域自治 

  党の民族政策により、吉林省は少数民族の集中住居区では民族区域自治を実行している。建立了1つ自治州と3つ自治県を設立した。つまり、延辺朝鮮族自治州と長白朝鮮族自治県、前郭爾羅斯モンゴル族自治県及び伊通満族自治県である。また33民族郷(鎮)がある。延辺朝鮮族自治州は全国で最大の朝鮮族集中住居区と全国唯一の朝鮮族自治州である。連続五年間国務院に「民族団結進歩モデル自治州」という光栄称号が授与された。

民風民俗 

  吉林省の各少数民族は長期の生産活動の中で色とりどりの民俗風情を創造した。異なる民族の飲食、服飾及び礼儀などはそれぞれの特色がある。

  朝鮮族 吉林省は朝鮮族の主要集中居住区である。朝鮮族は自分の言葉と文字がある。労苦に耐えられ、強くて勇敢な光栄伝統がある。抗日戦争、解放戦争、抗米援朝の戦争の中で、中華民族の解放と新中国の設立と統合のために巨大な犠牲を作り出し、重要な貢献を捧げた。朝鮮族は真っ白な着服が好きで、礼儀正しく、年寄りを大事にし、 子どもを可愛いがり、歌や踊りもうまい。延辺朝鮮族自治州は1952年9月3日に設立された。朝鮮族は「歌踊り之郷」、「サッカー之郷」で世界でも有名である。

  満 族 吉林省は満族の発祥地の一つである。満族は自分の言葉と文字があるが、現在はもう漢民族の言葉を通用している。満族の女性はチャイナドレスを着るのは好きである。スタイルは美しく上品である。鮮明な民族特徴がある。現在、すでに中国の伝統な女装になり、人々に深く人気がある。満族伝統の礼儀、祭り、結婚式、葬儀式、居住習慣及び育児方法などがある。現在でもこれらも多くの地区にも影響している。その絵画、紙切り、歌舞、曲芸、民間物語及び民族スポーツなどは遠くに伝承している。今でも流行っている。満族飲食は別途に特色がある。「満漢全席」は遠近有名である。

  モンゴル族 モンゴル族は自分の文字がある。その服飾、飲食、住み移動、建築、結婚式、葬式、禁忌と礼儀などは鮮明な民族特色がある。モンゴル族の方は歌舞もうまい。民間で一番普及している楽器は四胡である。四弦でもいう。自治県、民族郷の設立記念日またはモンゴル族の伝統祭り日になると、きっとナーダム(娯楽)大会を開催し、競馬、ラム、レスリングなどの民族体育スポーツ活動と歌舞演歌を行う。