生態環境

生態区域分布
     吉林省全体の生態環境は多様化と相対全体的に表している。回復でき、よく保護されている。生態区域分布から見ると、東から西への自然的に形成されている。東部長白山の原始森林生態区、中東部の低い山の丘陵の二次植生生態区、中部松遼平原の生態区及び西部草原湿地の四つ生態区がある。

 東部長白山区の見渡し限りの森林がある。森林のカバー率が高い。森林生態システムは整備されている。生物種類は非常に豊富である。降水量は充足である。吉林省乃至東北アジア生態環境の重要な障壁である。

 東中部の低い山の丘陵地帯は天然二次森林と人工林が茂っている。森林カバー率が高い。松花江流域の重要な川である。また「三湖」(白山湖、紅石湖、松花湖)及び東遼河上流の水資源と鉱物資源は豊富である。

 中部の松遼平原は千キロに見渡し限り、平坦な地勢で土質も肥沃である。農田防護システムは整備され、環境キャリア能力が強い。発展優質農製品生産発展の優越な条件を持っている。「黄金トウモロコシ帯」と「黑土地之郷」美称がある。中国の重要な商品食糧の生産基地である。

 西部草原湿地はホルチン草原の延伸帯である。草原が広くて沼地密集されている。湿地面積が大きい。地下水と境を流れている水が豊かである。生態システムは中度湿潤の森林草原から半旱魃草原と砂漠への渡り地帯である。また、渡り鳥移動の重要な通路及び丹頂鶴の故郷である。区域内地勢低いので、光、熱の条件が良いので、牧畜業飼養の重要な区域である。

自然保護区建設 

    吉林省には現在各級各種類の自然保護区は48区がある。その内、国家級、省級及び市県級はそれぞれ20、21及び7がある。総面積は249万ヘクタールである。全省国土面積の13.31%を占めている。1960年から長白山自然保護区設立以来、吉林省自然保護区の建設は無いから有り、小から大、単一から総合的な発展履歴を経歴してきた。わが省区域生態状況と生態環境の全体特徴は基本的に割合合理のステップ構造及び類型整備の自然保護区体系を形成している。現在、9森林生態システム類型の自然保護区、19内陸湿地と水域生態システム類型の自然保護区、1草原類型の自然保護区、4地質遺跡類型の自然保護区、5野生動物類型の自然保護区及び10野生植物類型の自然保護区がある。その内、長白山国家級自然保護区はその整備した森林生態システムと生物多様及びその生殖質遺伝子庫は世界で有名である。天池、滝、温泉、峡谷、奇峰及びフラワーズと植生の垂直带は国内外で有名である。2013年から毎年長白山生態国際フォーラムを開催する。多くの国内外科学研究、学術機構の専門化、学者の方々は長白山へ学術交流に来ている。長白山はすでに国内外有名な観光有名地と対外科学技術と文化交流の重要な窓口になっている。向海国家級自然保護区は1992年に国務院より指定されて《国際重要湿地名录》に列記した。同年、世界野生生物基金会より「国際意義のあるA級自然保護区」と評定された。1993年、中国人と生物圏委員会の批准により「生物圈保護区ネットワーク」に入れた。国際湿地分野で重要な位置がある。琿春東北虎国家級自然保護区はわが国の始めての国際絶滅危険のある動物である。国家I級重点保護野生動物-東北虎、豹及び生息地を主要保護対象とする自然保護区である。わが国野生東北虎と豹の分布数量と密度が高い地区である。

   わが国の自然保護区は生物多様性の保護、区域生態系バランスの維持、生態安全の強化、自然歴史遺跡の保護、継続発展戦略の実施などの面で重要な機能の働きを果たしている。

生態建設
   吉林省の優れた自然生態環境は経済と社会の継続発展のために良い基礎条件を提供した。1999年、国より吉林省を生態建設モデル試験省とすることが批准された。2001年、《吉林省生態省建設全体企画綱要》を実施し、2006年、吉林省は長白山保護開発区管理委員会を設立し、長白山の統一管理と保護開発を実施した。生態省建設を実施して以来、吉林省は一連の生態保護建設工事を実施して、生態文明建設は著しい成績と成果を収めた。   
   東部長白山資源を強制的な保護を実施し、重点的に長白山生物多様性と独特の地質地形景観を保護し、森林生態システムを回復し、森林炭層吸収源を発展し、生態システム船体機能を発揮する。自然保護区建設と生物安全管理を強化し、野生動植物、希少、絶滅危険のある生物及び湿地資源を保護する。東中部の水資源を主導的に保護し、白山、靖宇ミネラルウオーター水源地、四平二竜湖ダムなどの水資源の保護工事を実施する。松花江流域と東遼河流域水汚染防止治理、小流域治理、松花江「三湖」保護工事を実施する。中部黑い土地の資源を積極的な保護する。黑いと地区の土流失の総合重点治理工事を展開し、高域純の農田を建設し、有機肥料使用を進める。中部19県の黑い土地資源を積極的に保護する。西部生態脆弱区を緊急救出的な保護を実行し、西部13県(区)で重点的に西部〕アルカリ性土壌治理工事と向海、ポロ湖、查干湖等の湿地保護建設工事を実施する。《吉林省湿地保護企画》制定を発表した。全省の湿地面積、「三化」治理草原面積及び水土流失面積は有効に回復と増加ができた。西部湿地は再び青水波紋、青草の上に鳥飛びの美しい景色が見えてきた。

   さらに深く十年間の緑化美化の吉林大地工事を実施し、天然林の保護、農田防衛保護林、耕地から森林への戻し、耕地から撤退して林へ返還する三北防止保護及び砂漠化治理等の建設工事を実施しているので、全省森林面積は「十五」末期の817.6万ヘクタールから現在の828.1万ヘクタールまで向上してきた。森林カバー率は43.2%から43.8%へ向上してきた。森林植生、森林構造及び生物多様性は明らかに改善した。

   全省では国家級生態郷11、省級生態鎮30及び省級生態村94を建設した。通化県は初めての省級生態県になった。